昼下がりによく作るナポリタン

料理

こんにちは、ゆんつです。

僕は食べることが大好きです。

そのせいで体型もムチムチしています。

そして、食べること程ではないですが、料理も結構好きです。

難しい料理は作れないので、作るのはもっぱら簡単な料理です。

今日は僕が日曜日の昼下がりに良く作っている簡単なナポリタンについて書きます。

ここから先は、綺麗な調理道具、オシャレなキッチン、センスのある盛り付けとかは一切出てきません。

それとは真逆の上品なおばさまが「何ざますの。これは」というような料理なんで、あらかじめご了承願います。

材料(2人前)

スパゲティ 200g

玉ねぎ 1個

ピーマン 2個

厚切りベーコン 数枚

バター 15g

塩 適量

コショウ 適量

ケチャップ 目分量

鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ2分の1

牛乳大さじ2

手順

1. 玉ねぎ、ピーマン、厚切りベーコンを適当に刻む

パスタを茹でる用のお湯を沸騰させながら材料を刻みます。

 

厚切りベーコンじゃなくてもハムでもソーセージでも自分の好きな物でいいです。

2. 沸騰したお湯に塩を小さじ1入れてパスタを茹でる

3. パスタを茹でながら、フライパンでバターを溶かす

ここからはずっと中火で料理していきます。

4. ベーコンを入れてカリカリの少し手前になるまで炒めます。

この後野菜を入れてさらに炒めるので、カリカリ手前まで炒めます。

5. 玉ねぎとピーマンを入れて、塩コショウしてさらに炒める

ベーコンと一緒に野菜がややしんなりなるまで炒めます。

この後麺を入れてさらに炒めるので、あまり炒めすぎない方がいいかもしれません。

6. 麺を入れて野菜と一緒に混ぜながら炒める

ここからはやや料理のスピードを上げていきます。

麺と野菜がよく混ざるように炒めていきます。

7. 鶏がらスープの素を振りかけてケチャップを入れる

麺と野菜がよく混ざったら、全体にパラパラと鶏ガラスープの素を振りかけて、ケチャップを入れます。

ケチャップの量はいつも量ったことがないので目分量です。

最初は少な目に入れておいて、味を見ながら足していきます。

8. 牛乳を大匙2入れ軽く混ぜる

ケチャップが全体になじんだら牛乳を入れて混ぜる。

9. 完成

牛乳が麺全体になじんだら火を止めて完成です。

食べよう

お皿に入れるのが面倒くさいのでフライパンのまま食卓に運びます。

食べる前にパセリを散らします。

僕はパセリが大好きなので、たっぷりかけます。

もうひと手間かけられるときは、これに半熟の目玉焼きを乗せたりしますが、今回はしませんでした。

いっただきまーす。

麺によくケチャップが絡んでいます。

ベーコンもカリカリで香ばしく、玉ねぎとピーマンのシャキシャキ感もたまりません。

やっぱりナポリタンは美味しいなあ。

真っ赤になる唇を時々拭きながら、一心不乱に食べます。

ところで僕は作りたてを食べるのも好きなんですが、翌日余ったナポリタンの冷えたのを食べるのがもっと好きなんです。

熱い料理よりも冷えた料理の方が味がはっきりわかるようなきがしませんか?僕だけかな?

だから僕はいつもナポリタンを一度に2人前作って、熱いのと、翌日の冷めたのとで2パターンの美味しさを味わっています。

ちなみにバゲットと一緒に食うとなお美味いです。

これからも料理の事についてはちょくちょく書いていこうと思います。

それでは、またですー。

コメント