株式投資のその後

株式投資

こんにちは、ゆんつです

去年11月に元手100万円で株式投資を始めました。

最初はほんの少しだけ利益が出ていましたが、今年の2月ごろから坂道を転がるように損をするようになり100万円で買った株の値打ちは現在約半分になりました。

最初は仕事中に頻繁に確認していた株価も、損が増えるに従い確認の回数も減り今では3日間確認しないこともあります。

定期的に書いていた株式投資の記事も更新をやめ、もう3か月が経ってしまいまいました。

その後どうなったでしょうか?

その後

東レ、アサヒ衛陶、日清紡、タケエイはどれも売らずに持っています。

というか今売ると大赤字なので売れないのです。

株式投資に関する記事の更新を辞めた後も色々ありました・・・

お馴染みとなったアサヒ衛陶の赤字決算・・・

出典:株探

タケエイは特別損失の発生と業績予想の下方修正・・・

出典:株探

日清紡も業績の大幅な下方修正で赤字転落・・・

出典:株探

東レも下方修正。

出典:株探

何1つ良いことが無い!!

4銘柄あったら1つくらい良い知らせありそうですが全部だめです。

良いことナッシング。

クソが!!

もう知らん!!

目標を切り替えました

株式投資を始めた時に僕は1週間~10日単位で決済をするスイングトレードをするつもりでした。

そして買値の5%下落したら損切りするつもりでした。

短期で売買をして利益を得て、損失は速やかに処理をする。

そんな青写真を描いていました。

でも僕はこれらのルールを全部破りました。

生まれついての優柔不断が災いし損切が出来ずに保有銘柄が全部赤字になってしまい、売るに売れずに現在まで塩漬けになっています。

株で負ける黄金パターンをまさに実践中です。

今の僕の目標は株式投資を開始した時とは全然違います。

現在日本人男性の平均寿命は81歳みたいです。

それまで、あと40数年あります。

この40数年のどこかで各銘柄の株価が買値を上回る瞬間があれば良いという風に目標を切り替えました。

デイトレードやスイングトレードのような短期の目線ではなく、人生の全期間で損得を考えるライフトレードに切り替えたのです。

流石にあと40数年あれば1回くらい買値を上回ってくれると信じています。

その時に僕は高らかに勝利宣言するのです!

えっ?倒産したらどうするか?

時間が経てば僕が株を買ったことを誰も覚えてないでしょうから、その時は株を買ったことを無かったことにします。

中間配当が来た

保有銘柄の中間配当が来ました。

株価が下がり続ける僕にとって、その損失と心の傷を埋めてくれる唯一のものです。

刀でざっくり切られた傷を小さな絆創膏でふさぐような感じですが無いよりマシです。

東レ 200株

君とは株式投資を開始してからずっと一緒だね。

早く手を切りたいよ。

あと君は会社が大きいのに配当が少ないね。

日清紡 100株

赤字になったねぇ

でも君は配当がわりと高いから許すよ。

タケエイ 200株

特別損失が出ちゃったね。

応援してるから頑張ってね。

アサヒ衛陶はとりあえず早く黒字になって配当が出せるようになってください。

株は恐ろしい

皆さん株はとても恐ろしいです。

100万円で開始してもう50万円です。

余剰資金でやらないととんでもないことになります。

僕にとって50万円近い損失は痛いですが、致命傷ではありません。

それもこれも余剰資金で株式投資をしたからです。

スマホの買い換えが1年延び、ノートPCを買い替える予定だったのが無期限延期になり、goproを購入して動画を撮影しブログで紹介するつもりだったのができなくなり、たまにお昼ご飯を抜いていますが大したことはありません。

「働くのが一番儲かる」

ということを胸にいつか株価が上がってくれることを夢見て僕は今日も働いています。

というか4銘柄あるんだからどれか1つくらい値上がりしてくれよ!!

それでは、またー。

コメント