再起動とシャットダウンがおかしいので対策してみた

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

僕がいつも使っているASUSのノートPC「UX32LN」をWindows8.1からWindows10にアップグレードしたところ、エラーが何度もおこりブルースクリーンになるケースが相次ぎました。

そこでWindows8.1からWindows10へのアップグレードではなく、Windows10をクリーンインストールしてみました。

クリーンインストールは成功し、作業中に突然ブルースクリーンになることも無くなりました。

ところがまた1つ問題が起きました。

それはシャットダウンと再起動に関する問題です。

Windows8.1のころや、Windows8.1からWindows10へアップグレードしたときにはシャットダウンや再起動はとてもスムーズでした。

それがWinodws10のクリーンインストールをしてから、

・ソフトのインストール中に再起動がかかると、そのまま電源が落ちてしまい自動的に起動しない

・シャットダウンすると画面は消えているけど、ずっと電源ランプがついている

という現象が起こるようになりました。

ソフトのインストール中の再起動がうまくいかない場合は、手動で電源スイッチを押して再び起動すればちゃんとインストールは続行されますし、電源が切れない場合は電源ボタンの長押しで電源を切ることができます。

でも、そんなやり方はとても不便ですし、普通に再起動やシャットダウンができるようにしたいです。

スポンサーリンク

改善策

高速スタートアップをオフにする

Windows10のシャットダウントラブルの改善策について調べてみると一番よく引っかかるのが「高速スタートアップをオフにする」というものです。

僕もさっそくやってみました。

スタートボタン→Windowsシステムツール→コントロールパネル→電源オプションの順にクリックし、「電源プランの選択またはカスタマイズ」の画面を開きます。

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックするとシャットダウン設定のチェックボックスが触れるようになるのでクリックします。

そして「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外し、変更を保存をクリックすれば完了です。

高速スタートアップが無効になったので、電源をシャットダウンして動作確認してみます。

相変わらず画面は消えているけど電源ボタンは点きっぱなしです。

何回かテストしてみましたが変わりません。

高速スタートアップを無効にしても直りませんでした。

Intel(R) Management Engine Interfaceのドライバをダウングレードする

Intel(R) Management Engine Interfaceのドライバがバージョン11の場合、古いバージョンにダウングレードすることで改善する可能性があるようなのでやってみます。

まず自分のPCにIntel(R) Management Engine Interfaceがあるかどうかデバイスマネージャーで確認します。

ありました!

続いてドライバのバージョンを確認します。

11.〇〇となっているのでドライバのバージョンは11だということがわかりました。

ダウングレードによる改善の可能性がありそうです。

まずはintelのホームページからバージョン9のドライバをダウンロードします。

Download Intel® Management Engine (Intel® ME) Consumer Driver for Legacy Intel® NUC Products
Intel® Management Engine (Intel® ME) Consumer Driver for Legacy Intel® NUC Products

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると中に実行ファイル(setup.exe)があるのでダブルクリックしてインストールします。

インストールしようとしているバージョンよりも新しいバージョンのドライバが現在インストールされていますが、古いバージョンで置き換えてもよろしいですか?

というようなメッセージがでますが、ダウングレードしたいので「はい」をクリックします。

あとは指示通りに進んでいくとインストールが始まります。

完了です。

デバイスマネージャーからIntel(R) Management Engine Interfaceのドライバを確認してみます。

バージョンが9.5.24.1790にダウングレードされ、インストールは成功しました。

そして試しにソフトインストール時の再起動やシャットダウンの動作確認すると・・・

スムーズに再起動するようになりシャットダウンすると完全に電源が落ちるようになりました!

ゆんつ
ゆんつ

解決だ!

補足

このままの状態でWindowsUpdateが行われると再びバージョン11が勝手にインストールされてしまうらしいです。

そのため、それを防ぐために「Show or Hide Updates」というソフトをマイクロソフトからダウンロードして実行し、Windows Updateの対象からIntel(R) Management Engine Interfaceのドライバの更新を外すという方法があるようです。

「Show or Hide Updates」のダウンロード

僕もやってみましたが、僕の環境ではどうやってもUpdateから外す対象にIntel(R) Management Engine Interfaceが出てきませんでした。

仕方ないのでバージョン11がインストールされたら、また古いのをインストールし直すことにします。

※追記

この後何度かWindowsUpdateをする機会がありましたが、Intel(R) Management Engine Interfaceのドライバのバージョンは「9.5.24.1790」のままでバージョン11に自動的にアップデートはされていません。

ですのでこの作業は特に必要ないのかもしれません。

まとめ

ASUSのノートPC「UX32LN」にWindows10をクリーンインストールしたことで起こったシャットダウンと再起動の問題。

それは

Intel(R) Management Engine Interfaceのドライバをバージョン11からバージョン9にダウングレードする

ことで解決しました。

もしシャットダウンや再起動に問題があって高速スタートアップをオフにしても治らない場合は、ドライバのダウングレードで改善する可能性があるかもしれません。

作業の前には大事なデータのバックアップをお忘れなく。

これでようやく僕のPCのWindows10は安定して動作するようになりました。

ゆんつ
ゆんつ

安定までには試行錯誤の連続でした

それでは、またですー。

やってみた
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました