GIMPのパスツールを使ってみる その3(画像の切り抜き)

GIMP

こんにちは、ゆんつです。

前回、前々回とGIMPのパスツールを使って簡単なイラストを描いてきまし

た。

GIMPのパスツールを使ってみる その1(ハートを描いてみる)
こんにちは、ゆんつです。 僕は時々ブログに文章と一緒に絵を書いてアップしています。 絵を書くのに使っているのはGIMPというフリーソフトです。 描き方は鉛筆ツールを使って紙にペンで絵を書くような感じでフリーハンドで書いてい
GIMPのパスツールを使ってみる その2(ブタを描いてみる)
こんにちは、ゆんつです。 フリーの画像編集ソフトGIMPにはパスツールと言う曲線を滑らかに描くことができるツールが用意されています。 ただしフリーハンドで描くように直観的に操作できないため、難しさを感じてこれまではパスツールを使

パスはイラストを描くだけでは無く、画像の複雑な切り抜きでもその効果を発揮します。

例えばこのような画像があります。

こういう画像で背景を消して人物だけを切り抜きたいという場合があります。

そんな時にパスツールを使うと、上手く人物だけが切り取れるのです。

今日はパスツールを使って画像を切り抜き、更に切り抜いた画像と合成してみたいと思います。

スポンサーリンク

パスを使って画像を切り抜く

1. 切り抜きたい画像をGIMPで開く

GIMPに開きたい画像をドラッグ&ドロップするかメニューバーから「ファイル」→「開く/インポート」をクリックして該当する画像ファイルを選択する。

2. パスで切り抜きたい対象を囲む

切り抜きたい対象の周囲にアンカーポイントを打って、パスで対象物を囲みます。

アンカーポイントを打ちすぎたかもしれません(笑)

一番最後に終点と始点を繋いでパスを閉じるのを忘れないようにします。

ctrlを押しながら始点のアンカーポイントをクリックすればパスは閉じられます。

3. パスを選択範囲にして、対象物を切り抜く

「パスを選択範囲に」をクリックすることで、パスで囲んだ対象物(今回は女性ランナー)が選択された状態になります。

選択できたらキーボードの「ctrl+X」かメニューバーの「編集」→「切り抜き」で対象物を切り抜きます。

風景から女性ランナーが切り取られています。

5. 切り取った部分をレイヤーにする

メニューバーの「編集」→「クリップボードから生成」→「レイヤー」をクリックして、今切り取った対象物をレイヤーにする。

現在レイヤーには「風景画から女性ランナーがいなくなったレイヤー」と、今作成した「風景画から切り抜いた女性ランナーのレイヤー」の2つがあります。

元画像のレイヤーを非表示にすると

ちゃんと女性ランナーだけ切り抜かれています。

このような感じで複雑な形をしたものもパスを使うことで必要な部分だけ切り抜くことが出来ます。

これにより色んな画像と合成することができるようになります。

ちなみに背景が透明な状態の画像を保存する場合、ファイル形式をpng等の透過情報が扱える形式にしないと背景が透明ではなく白で保存されるので注意です。

2.3. 透過画像の保存

合成する

1. 合成する画像を開く

メニューバーから「ファイル」→「レイヤーとして開く」をクリックして、先ほど切り抜いた画像と合成する画像を開く。

今回はこの画像を使います

2. 人物のレイヤーを1番上にする

これにより、先ほど切り抜いた女性ランナーと雪道が重なった状態になります。

3. 人物を背景に合うように調節する

拡大・縮小ツールを使って人物のレイヤーの大きさを背景に合う大きさに調節したり、移動ツールで表示させたい位置に移動させます。

 

4. 画像を保存して完成

満面の笑みで吹雪の中を走っています。

こんな感じで切り抜いた画像と他の画像を組み合わせて色んな合成写真が作れます。

やり始めると、とても楽しく時間を忘れてしまいます。

まとめ

今回はパスを使って画像を切り抜き他の画像と合成してみました。

アンカーポイントが打つのが大変なように思うかもしれませんが5分もかかっていません。

慣れればどんどん速くなると思います。

画像を切り抜く方法は他にも色々ありますが、パスの練習にもなるのでしばらくはこの方法で切り抜きたいと思います。

それでは、またですー。

GIMP
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました