3年ぶりにパキラばっさりやったった

園芸

こんにちは、ゆんつです。

僕の家には観葉植物の「パキラ」があります。

パキラはとても成長が速い植物で、放っておくと数年で天井に届いてしまいます。

今から約3年前。

僕の「パキラ」は今にも天井に届きそうな勢いでした。

ですので、3年前にそのパキラをバッサリと剪定しました。

パキラばっさりやったった
こんにちは、ゆんつです。 僕の家には10年以上前からパキラがあります。 丈夫なパキラで大して手を掛けていないのに、常に成長を続けています。 今このパキラは先端が天井に着いています。 このままだと天井につか

あれから約3年。

あのバッサリと剪定したパキラはこんな感じになっています。

おー!伸びたな!

剪定から大体1か月で柔らかな新芽が出始め、日に日に大きくなり約3年間で僕の身長をあっさりと追い越し今では2m30cmくらいまで成長して家の天井に届きそうになっています。

パキラの成長の速さには本当に驚かされます。

ゆんつ
ゆんつ

そろそろ切らないといけないな

パキラの先端が天井に届いて窮屈になる前に剪定したほうが良いので、今日は3年ぶりにパキラをバッサリを伐採したいと思います。

剪定方法のおさらい

パキラにはところどころに引っ掻いたような跡があります。

この引っ掻いたような跡のことを「成長点」といいます。

パキラを剪定すると、この「成長点」のあたりから新芽が出ます。

ですので剪定する場合は、新芽が出てほしい場所の「成長点」の上くらいで剪定し「成長点」を残すのがオーソドックスな選定方法です。

今回は「成長点」ではないところで切ってみる

剪定前にパキラを観察してみると剪定したい場所よりもだいぶ上のほうに成長点があり、剪定したい場所の近くにちょうど良い「成長点」がありません。

パキラは速く成長するので、僕としてはなるべく下の方からバッサリ剪定したいのです。

そこで、3年前の選定では「成長点」を残して剪定しましたが、今回は「成長点」を残さずに剪定してみたい思います。

成長点を残さずにパキラを選定すると

成長点を残して剪定するよりも新芽が出るのが遅くなる

とよく言われます。

でも僕の家のパキラは成長が速すぎるので、ちょっと成長が遅いくらいの方が都合がいいのです。

ゆんつ
ゆんつ

その分手入れも楽ですし

ですので今回は成長点を残さずに剪定してみます。

剪定の道具は3年前にも使ったサビだらけの「のこぎり」です。

ギコギコ

スパッ♪

2本とも成長点を残さずにスパッと剪定しました。

ずいぶんサッパリしたな

ゆんつ
ゆんつ

スッキリ!

今にも天井に着きそうだったパキラを3年ぶりにバッサリと剪定しました。

鉢の土も交換

剪定後には鉢の土も交換します。

鉢からパキラを掘り出してみるとこんな感じでした。

サトイモみたいだな

前回の選定の時もそうでしたが、背丈から想像するほど根は張ってませんでした。

鉢の土を3年ぶりに全て新しいものに交換。

これでまた3年は大丈夫だと思います。

いつごろ新芽が出るかな?

3年ぶりのパキラの剪定。

今回は成長点を残さずに剪定しましました。

成長点を残さずに剪定した場合に

いつごろ新芽が出るのか?

どのあたりから新芽が出るのか?

どちらも結果が楽しみです。

→楽天市場でパキラの苗を探す

→Amazonでパキラの苗を探す

→Yahoo!ショッピングでパキラの苗を探す

新芽が出てきたら、追って報告いたします。

ゆんつ
ゆんつ

待っててね

それでは、またー。

コメント