パキラばっさりやったった

園芸

こんにちは、ゆんつです。

僕の実家には10年以上前からパキラがあります。

丈夫な奴で大して手を掛けていないのに、常に成長を続けています。

今このパキラは先端が天井に着いています。


このままだと窮屈でかわいそうなので、このパキラをばっさり伐採したいとおもいます。

僕がやる園芸なので、かなり適当です。

スポンサーリンク

3年間でこんなに伸びた。

このパキラは3年前にかなり根元の方から切り戻しています(画像の赤丸部分)

そこから3年でまた天井に着くまで伸びました。

窓際に置いて、水をやり、気が向いたときに適当に肥料をやってただけでこれです。

床から天井までが2.5m位なので、3年で2m近く伸びていることになります。

その成長力を僕に少し分けろ!

パキラの伐採方法

パキラには成長点というものがあります。

赤丸で囲ったちょっと傷みたいになってるところです。

この部分から新しい枝が出ます。

なのでここを残して、その少し上から切り戻すのが良いとされています。

でも今回はかなり切り戻したいのでこの幹になっている部分の成長点ぽい所の上から切ります。

以前もばっさり切ってこれだけ伸びたので、今回もきっと大丈夫だと思います。

サビサビののこぎりで

ギコギコ

はいスパッ

はいスパッ

あーさっぱりした

ロングヘアの人が丸坊主にしたようなさっぱり感です。

土も替えよう

ついでに長年使ってきた土を替えてあげようと思います。

まずは根っこを取り出します。

思ったより小さい根でした。

もっと根が張ってると思ったけどなあ。

ずっと室内だったから、背は高いけど根が貧弱だったのかもしれないですね。

土はホームセンターで売ってる「赤玉土」と「花と野菜の土」を厳密に量ったりせずに、赤玉土が多くなるように目分量で適当に混ぜます。

パキラは水はけさえ良ければそれほど土質にこだわらなくてもいいと思います。

適当適当。

鉢底石をいれてその上にどんどん土を入れていきます。

はい終了。


また前みたいに大きくなれよー。

パキラの挿し木

知り合いにパキラが欲しいという人がいるので、今回伐採した先端を挿し木にします。

先端を残して適当な場所で切り口が斜めなるように切って、

小粒の赤玉土に挿す。


しゅーりょー。

パキラを切り戻すたびに僕の家から、誰かの家にパキラの挿し木が巣立っていきます。

ちなみに挿し木のパキラは成長しても根元の部分がスマートなままでコンモリしません。

パキラは適当な人にぴったり

パキラの葉の鮮やかな緑は目や心に安らぎを与えてくれます。

全体の形も綺麗なのでインテリアとして部屋に1つあるだけで随分と部屋のイメージが明るくなります。

またパキラは「money tree」とも言われ、金運が上がるという言い伝えもあります。

日当たりのいいところにおいて、水やりさえちゃんとしていればグングンそだつので観葉植物を育てるのが初めての方や、僕みたいに適当な人にはぴったりだと思います。

→楽天市場でパキラの苗を探す

→Amazonでパキラの苗を探す

→Yahoo!ショッピングでパキラの苗を探す

このばっさり切ったパキラに何か変化があれば、また記事を書こうと思います。

バッサリ切ったパキラの経過報告
こんにちは、ゆんつです。 2017年4月初めに天井に着くくらいまで育ったパキラをかなり大胆にばっさりと切りました。 今あのパキラはどうなっているのか? 現在の状態をレポートします。 バッサリ切ってから2か月後

それでは、また。

園芸
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました