ドコモのiPhoneでテザリングをする方法

iPhone 11

こんにちは、ゆんつです。

スマホには機種によって「テザリング」という機能があります。

テザリングとはスマートフォンをWi-Fiルーターがわりに利用できる機能の事で、テザリングをしたスマートフォンにPCやゲーム機などを接続することでインターネットを利用をすることができます。

スマートフォンがモバイルルーター代わりになるので、新たにモバイルルーターを契約する必要もなくとても便利な機能です。

このテザリング機能。

ドコモの場合は特に手続きをしなくても無料で使うことができます(※テザリング機能の使用が無料で、テザリング機能を使ったデータ通信自体にはプランごとの通信費がかかります)

今日はiPhoneを使ったテザリングの方法について書きたいと思います。

テザリングの設定方法

ホーム画面で「設定」をタップ。

設定画面になるので「インターネット共有」をタップ。

インターネット共有画面で「ほかの人の接続を許可」のボタンをタップしします。

すると「他の人の接続を許可」がOFFからONになります。

これかけでテザリングの設定は完了です。

ちなみに「”Wi-Fi”のパスワード」はこのスマホにWi-Fi接続するのに必要となるパスワードです。

ゆんつ
ゆんつ

簡単だったね

テザリングしたスマートフォンにノートPCをWi-Fi接続する

テザリングしたスマホノートPCをWi-Fi接続してインターネットを利用できるようにします。

Windows10のPCの場合タスクバーの右下にある矢印をクリックするとWi-Fi接続を設定することができるアイコンが現れると思いますので、それをクリック。

接続先の一覧が表示され、先ほどテザリング機能をオンにしたiPhoneも一覧に現れます。

一覧に表示される名前は、iPhoneの名前を変更していない場合は「○○(自分の名前)のiPhone」、変更している場合は自分が設定したiPhoneの名前が出てきます。

「○○(自分の名前)のiPhone」という名前を変更したい場合以下の記事をご覧ください。

○○のiPHONEの変更方法
こんにちは、ゆんつです。 「APPLE ID」に本名を設定している場合。 iPhoneの初期設定を行うと、そのiPhoneの名前が「○○のiPhone(○○は本名)」に設定されます。 「iPhoneの名前」を目にす

一覧から該当するiPhoneを選択して「接続」をクリック。

ネットワークセキュリティーキーの入力欄が現れるので、先ほどiPhoneの「インターネット共有」の設定をしたときに表示されていた「”Wi-Fi”のパスワード」を入力します。

“Wi-Fi”のパスワード」を入力し終わったら「次へ」をクリック。

続いて「このネットワーク上の他のパソコンやデバイスが、このパソコンを検出できるようにしますか?」というメッセージが表示されるかもしれません。

このメッセージはこのネットワーク(テザリングしたスマホ)に接続されている子機同士でデータのやり取りができるようにするかどうかを選択するものです。

自分の都合に合わせて「はい」か「いいえ」を選択します。

ゆんつ
ゆんつ

僕は「いいえ」にしています

その後は入力したパスワードの検証などが行われ、パスワードの入力間違いがなければPCがスマホにWi-Fi接続されます。

以上でテザリングしたスマートフォンとPCのWi-Fi接続は完了です。

テザリングしたiPhoneにPCなどの子機が接続されている場合。

ホーム画面の時刻表示の背景が青くなります。

わかりやすいね

テザリングを終了させる場合

テザリングを終了させる場合。

iPhoneのホーム画面から「設定」→「インターネット共有」の順にタップして「インターネット共有」の設定画面にします。

そして「ほかの人の接続を許可」を「ON」から「OFF」にすればテザリングを終了させることができます。

テザリングを終了させると、Wi-Fiの接続先の一覧からもテザリングしたiPhoneが消えます。

データの使用量に気を付けましょう

以上のようにドコモのiPhoneにテザリング機能を設定するのはとても簡単ですし、iPhoneとPCをWi-Fi接続するのもとても簡単です。

ゆんつ
ゆんつ

5分もあればできます

スマートフォン以外にネットにつなげる環境が無い場合。

スマートフォンのテザリング機能はスマートフォンをモバイルルーターがわりに使えてとても便利です。

ただし先ほども書いたようにデータ通信自体には契約している通信プランの料金がかかります。

データ通信の使用量を自分できちんと管理しながら使うことが重要ですね。

それでは、またー。

コメント