道の駅「蛍街道西ノ市」

行ってみた

こんにちは、ゆんつです。

下関市には中国山地に囲まれた豊田町という町があります。

豊田町は梨と蛍が有名で、夏は蛍見物、夏から秋にかけては梨狩りに来る人でにぎわいます。

そんな豊田町にある道の駅が「蛍街道 西ノ市」です。

今日は「蛍街道 西ノ市」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

物販コーナー

駐車場から建物内に入るとまず「ふるさと野菜市」が迎えてくれます。

地元でとれた野菜がお手頃価格で売られています。

この日はあまり野菜がありませんでしたが、まるで大砲の玉のようなとてもでっかい冬瓜がありました。

左側の冬瓜が普通サイズです。

そして右側の冬瓜がかなり大きい冬瓜。

サッカーボール2つ分くらいあります。

そして真ん中の冬瓜がサッカーボール3つ分くらいです。

いかに真ん中の冬瓜が大きいかわかると思います。

ふるさと野菜市を過ぎると地元の名産品、特産品が売られています。

フグのひれは軽く炙ってひれ酒にします。

捕鯨の町下関ならではの物も売られています。

クジラのベーコン

塩うね

「うね」というのは鯨のお腹の部分らしいです。

またジビエとしてイノシシや鹿の肉を使用したウインナーや燻製も売られています。

地元のお土産などを眺めながらどんどんと奥に進みます。

奥には「喫茶せせらぎ」があります。

ここでソフトクリームを買います。

名物の梨ソフトクリーム。

地元でとれた梨の果汁がたっぷり入った、梨の味がとても濃いソフトクリームです。

広場

この道の駅は中央に広場があり、そこをぐるっと囲むように建物が建っています。

本来は広場の中心にやぐらが建ってるはずなんですが、この日はやぐらがありませんでした。

蛍の湯

広場には中門があり、この門の先は「蛍の湯」という天然温泉になっています。

この道の駅ではお風呂セットを持った人を良く見かけますが、この「蛍の湯」に入りに来た人です。

地元の人がこの道の駅に来る場合は、この温泉を目当てに来ている人が多い気がします。

リーズナブルな価格で天然温泉を楽しめ、施設が清潔なのでいつも賑わっています。

中には「川床」という、うどん等の軽食が取れるスペースもありますよ。

レストラン万作

普通のレストランなのですが、連休はランチバイキングになったりします。

ランチバイキングは値段も手ごろで結構おいしいです。

いつランチバイキングが開催されるかなどの詳しいことはホームページをご覧ください。

レストラン「万作」|フロアマップ|山口県下関市「温泉のある道の駅」豊田町道の駅 蛍街道西ノ市
レストラン「万作」|フロアマップ|気配りとホスピタリティーを持った「温泉のある道の駅」、豊田町道の駅 蛍街道西ノ市です。

 

今回は撮影するのを忘れましたが、上記施設以外に割と規模の大きい観光案内所もあって旅行の途中に休憩するには割と良い道の駅だと思います。

アクセスなど

地名蛍街道 西ノ市
住所山口県下関市豊田町大字中村876-4
TEL083-767-0241
アクセス
駐車場無料
普通車117台 大型車5台 身障者用6台
一口メモ豊田町にある割と規模の大きい道の駅。

山間部の道の駅なので鮮魚などはほとんど売られていない。

下関で唯一天然温泉が併設されており入浴客で賑わう。

少しぬるっとした泉質で、湯上りには肌がスベスベになる。

観光バスが止まることも多く、土日は結構混雑する。

 

行ってみた
スポンサーリンク
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント