ドッキリで覚める瞬間と、それを逆手に取ったら楽しかった話

雑記

こんにちは、ゆんつです。

テレビのバラエティー番組が好きでよく見ます。

バラエティー番組の中でも特に好きなのはドッキリ系の番組です。

ドッキリ系の番組は良く「あのドッキリはやらせだ」などと言われることがありますが、僕は基本的に「面白ければ良い」と思っているので別にやらせでも構いません。

やらせであっても見ていてあまり不自然さの無いドッキリであれば、気にせずにゲラゲラ笑えます。

でも、やらせ丸出しと思えるような杜撰なドッキリは面白くありません。

素人が見ても「これをドッキリというには無理があるだろう」というような、撮影していることが丸だしな杜撰なドッキリ。

僕はドッキリである特定のシーンを見た瞬間に「やらせ丸出しだな」と感じて冷めてしまいます。

ゆんつ
ゆんつ

多分皆さんも感じていることです

スポンサーリンク

ペットボトルのラベルが全部剥がしてある

楽屋や控室で起こるドッキリで飲み物のラベルがキレイに全部剥がされていることがあります。

ラベルが剥がされたペットボトル1ラベルが剥がされたペットボトル2

僕は芸能人ではないので普段の楽屋や控室がどのような感じかはわかりません。

でも普段から楽屋や控室に用意する飲料水のペットボトルのラベルを全て剥がしてはいないと思います。

ドッキリで放送するため、番組のスポンサーに配慮してスポンサーじゃない企業の商品のラベルを剥がしているのだと思います。

もしそのドッキリが本当にタレントに知らせていないドッキリであっても、楽屋にあるペットボトルのラベルが全てキレイに剥がされているのを見れば、そのタレントは「ドッキリだな」と絶対にピンと来るはずです。

さっきも書いたように僕は別にどっきりがやらせでも面白ければ構わないというスタンスです。

でも「やらせ丸出し」で杜撰などっきりは流石につまらないのです。

ラベルが剥がされたペットボトルを見た瞬間、そのドッキリに対する期待感は一気に下がり、その後のテレビの中で演じられる迫真のリアクションを見ても「ハイ、ハイ」と冷めた目で見てしまうのです。

逆手に取ってみたら楽しかった

僕はこれを逆手に取ってみることにしました。

僕と同じように「ドッキリで出てくるペットボトルのラベルがはがされてたらやらせ」という考えを持つ友人が遊びに来た時に、ペットボトルのラベルを全部剥がしたお茶を出したのです。

友人たちはラベルが剥がされたお茶を見て「なんでラベルはがしてるの?」とか「お茶に何か入れたんじゃないのか?」など疑心暗鬼になっていました。

そのうちに、友人の1人が「お前、カメラで撮ってるんじゃないのか?」と言い始め、周囲をキョロキョロ見渡し始めました。

ゆんつ
ゆんつ

芸能人でもないのに!

普段友人が感じてる「ペットボトルのラベルが剥がされていたら撮影されている」という先入観がそう思わせたのです。

ゆんつ
ゆんつ

芸能人でもないのに!!

その後も「隠し撮りしてYouTubeにアップするんじゃないのか?」とか「ドッキリやろうとしてるだろう?」とか、ペットボトルのラベルを剥がしただけでそれ以外何もしていないのに、全員が疑心暗鬼になっていて大変楽しかったです。

どこかのテレビ局で

「行く先々のペットボトルのラベルがキレイに剥がされているけど、特に何も起こらない」

という疑心暗鬼ドッキリをやってくれないかなあと思う今日この頃です。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました