エックスサーバーでWEBサイトを非公開にする方法

プログラミング

こんにちは、ゆんつです。

ホームページをサーバーにアップロードしたいけど、自分以外には誰にも公開したくない場合ってありますよね。

例えばまだ未完成のWEBサイトだったり、自分の勉強のために作った実験的なサイトを実際のサーバーにアップロードして動作を確かめたいときなどです。

そんな時、エックスサーバーではボタンワンクリックでホームページの公開・非公開を切り替えることができます。

スポンサーリンク

公開・非公開の切り替え

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします

サーバーパネル - ログイン | レンタルサーバー【エックスサーバー】
メールアドレスの作成などサーバーの設定を行う管理ツールです。

「ホームページ」という項目にある、アクセス制限をクリック。

サーバーパネルからアクセス制限をクリック

「ドメイン選択画面」になるのでアクセス制限をしたいドメインを選択

アクセス制限するドメインを選択

アクセス制限設定の画面になります。

アクセス制限をOFFからONに

デフォルトの状態ではアクセス制限が「OFF」になっているので、これを「ON」にして「設定する」ボタンをクリック。

これだけでアクセス制限が完了します。

ベーシック認証の設定完了

「戻る」をクリックしてアクセス制限の設定画面に戻ると、「現在の状態」がOFFからONになり、フォルダに非公開の印として鍵マークがついているのがわかります。

非公開のフォルダには鍵印がつく

この状態で該当のドメインにアクセスすると

アクセス制限をかけるとアクセス時にユーザー名とパスワードを求められる

サイトに繋がる前にIDとパスワードの入力を求められます。

適当なIDやパスワードを入れてアクセスしようとしても

間違ったユーザー名やパスワードは401画面へ

401のページに飛ばされてアクセスすることは出来ません。

これでWEBサイトは非公開になりました。

ところで自分自身は入れるの?

ゆんつ
ゆんつ

あっ!!

ユーザーを追加する

このままの状態だと自分自身もWEBページを閲覧できません。

ゆんつ
ゆんつ

鍵を忘れて家から

閉め出されたような状態です

ですので自分だけは見ることが出来るようにします。

アクセス制限設定から、アクセス制限をしているドメインを選択してユーザー設定をクリック

ユーザー設定でアクセスできるユーザーを設定する

アクセス制限設定の画面になります。

未設定の状態ではアクセスできるユーザーはいない

まだこの時点では非公開のWEBサイトにアクセスできるユーザーはいません。

非公開のWEBサイトにアクセスできるIDとパスワードを設定し、「確認画面へ進む」ボタンをクリック。

アクセス可能なユーザーIDとパスワードを定める

確認画面で「追加する」ボタンをクリックしてユーザーを追加

ユーザーを追加

ユーザーの追加が完了します。「ユーザー設定に戻る」ボタンをクリック

すると先ほどまでは何もなかった部分にユーザーが追加されています。

ユーザーが追加された

これで、設定したIDとパスワードで非公開のWEBサイトにアクセスすることが出来るようになります。

ゆんつ
ゆんつ

お疲れさまでした

この仕組みを使うことで、必要な数だけIDとパスワードを追加して、WEBサイトを見せたい人にだけIDとパスワードを教えて会員制ページにすることだって出来ます。

まとめ

というわけでエックスサーバーでWEBサイトを自分以外に非公開にするには

・サーバーパネルにログインして該当のドメインにアクセス制限をかける

・ユーザー設定で自分用のIDとパスワードを設定する

この2点で、簡単に非公開にすることが出来ます。

ゆんつ
ゆんつ

何かの参考になれば幸いです



それでは、またですー。

プログラミング
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました