メロディーレーンの天皇賞回顧

雑記

こんにちは、ゆんつです。

2020年5月3日(日)

京都競馬場でG1レース「天皇賞・春」が行われました。

「天皇賞・春」には僕が応援している馬体重約340kgのチビ馬。

「メロディーレーン」が紅一点で出走していました。

今回は過去一番重い斤量、56kgを背負って走ります。

まだ2勝馬のため人気も全然なく14頭立ての13番人気。

果たしてメロディーレーンはどのようなレースをしたのでしょうか?

今日はメロディーレーンの天皇賞を振り返りたいと思います。

レース回顧

2020 天皇賞(春)

今日の馬体重は340kg。

前走よりも体重が2kg減っていました。

スタートはメロディーレーンにしてはかなり良いスタートでした。

レース前半は後方から3番手を進みます。

レース中盤になるとポジションを落として最後方。

4コーナーでスタミナが切れた2頭を交わして少し位置取りをあげ、直線を向いたときは14頭中12番手でした。

そこから菊花賞や阪神大賞典のような末脚を期待しましたが、今日はそれほどの末脚が発揮できず前を行く馬を1頭交わすのがやっと。

14頭中11着でゴールしました。

初めて56kgを背負って3200mを走って11着。

結果をみれば惨敗ですが、僕は大したものだと思います。

天皇賞の出走馬でメロディーレーンの次に体重が軽い馬は2着のスティッフェリオの446kg。

2番目に軽い馬でもメロディーレーンとは100kg以上差があるのです。

13番人気で11着なので人気以上には走っており、十分な結果だったと思います。

スタートが良くなってきている

メロディーレーンはあまりスタートが良いタイプではない馬でしたが、前走の阪神大賞典や今回の天皇賞を見るとスタートがどんどん上手になっているような気がしました。

スタートが良くない馬はそれだけでレースでは不利になるので、スタートが上手になっているのはとてもいいことだと思います。

お疲れさまでした

初めての56kg。

初めての3200m。

小さなメロディーレーンにはどちらも大変だったと思います。

ゆっくり休んで、沢山ご飯を食べてほしいと思います。

これまで阪神大賞典、天皇賞と格上挑戦が続いてきましたが、おそらく次は堅実に自己条件で走ると思います。

長距離の条件戦できっちりと勝利を重ねて、また来年「天皇賞・春」にチャレンジしてほしいと思います。

4走前に条件戦でメロディーレーンを4着に負かしたパラックパリンカは先日3勝クラスを勝ち上がってオープン入りしました。

条件戦で負けた相手も今振り返ればオープンクラスの強い相手だったのです。

自己条件に戻れば、そう遠くないうちに勝利の美酒を味わうことができると思います。

メロディーレーンが小さな体で一生懸命走っている姿を見ると、結果は関係なく応援したくなります。

今日はあまりいい結果ではありませんでしたが、これからもずっと応援します。

ゆんつ
ゆんつ

次のレースを楽しみに待ってるよ

ゆっくり休めよー

それでは、またー。

コメント