メロディーレーンが大阪-ハンブルクカップに出走します

競馬

こんにちは、ゆんつです。

中央競馬で一番のチビ馬「メロディーレーン」

メロディーレーン | 競走馬データ - netkeiba.com
メロディーレーンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

現在、オープンクラス入りを目指して3勝クラスで奮闘しています。

前走、2021年2月27日に行われた「松籟ステークス 」では強豪相手に7着という結果でした。

ゆんつ
ゆんつ

残念!

そして、今回。

2021年4月11日(日)に行われる「大阪ーハンブルクカップ」というオープンクラスのレースに格上挑戦します!

相手揃う

メロディーレーンは8番になりました。

大阪-ハンブルクカップの出走表

今回のレースで1番人気になると予想されるのが5番の「ヒートオンビート」です。

実は、メロディーレーンは2020年7月5日に行われた「兵庫特別」というレースで、既にヒートオンビートと対戦経験があります。

結果はヒートオンビートが2着で、メロディーレーンはヒートオンビートから3馬身半離された3着と内容的には完敗でした。

そして、今回のレースの実績上位馬の筆頭が14番「タイセイトレイル」

長距離レースの常連でなかなか勝てないものの、重賞などでも常に堅実な結果を残している馬です。

オープンクラスでは実績上位で、今回も堅実な走りをすると思います。

そのほかにも、前走でメロディーレーンと同じ松籟ステークスに出走し2着となった10番「タイセイモナーク」や、G2の日経新春杯を2着した4番「ミスマンマミーア」などの実力馬もいます。

3勝クラスからの格上挑戦なので相手が強いのは当たり前ですが、今回も強いメンバーが揃った感があります。

ハンデ差を生かしたい!

今回の大阪ーハンブルクカップはハンデ戦のレースとなります。

今回のメロディーレーンの斤量は51kg。

前走の、松籟ステークスでは55kgを背負いましたが、そこから斤量が4kg減ることになります。

体のちっこいメロディーレーンにとっては、斤量が少しでも減るのは歓迎材料です。

兵庫特別でヒートオンビートと対戦したとき、ヒートオンビートの斤量は54kgでメロディーレーンは55kgでした。

ゆんつ
ゆんつ

メロディーレーンの方が斤量が1kg重かったんです

今回は、ヒートオンビートの斤量は55kgでメロディーレーンが51kgと、4kgのハンデを貰えることになります。

有力馬のタイセイトレイルも55kgでの出走で、4kgのハンデ差になります。

実績上位馬との4kgのハンデ差を生かして、何とか逆転してほしいものだと思います。

格上挑戦でも!

格上挑戦となる今回は、前回と同様に厳しい戦いになると思います。

でも、今回のレースは、メロディーレーンが1勝クラスでレコード勝ちした阪神2600mという絶好の舞台でもあります。

得意のコースで51kgの軽量と持ち前のド根性を生かし、ゴール板を先頭で駆け抜けていくシーンを想像しながら、精いっぱい応援しようと思います。

ゆんつ
ゆんつ

がんばれー!

がんばれー!

大阪-ハンブルクカップは2021年4月11日(日)の15:00からのレースですので、地上波の競馬中継でもたぶん観戦することが出来ると思います。

皆さんも、もしよかったら応援してあげてください。

それでは、またー。

コメント