僕が感じていた視線の正体

雑記

こんにちは、ゆんつです。

先日、雨上がりの道をウォーキングしていました。

音楽を聴きながら楽しく歩いていると、何だか視線のようなものを感じます。

ゆんつ
ゆんつ

誰かが見てるのかな?

そう思って、周りを見回してみても誰もいません。

ゆんつ
ゆんつ

誰もいないなぁ・・・

そう思いながら、ふと自分の左側にある植え込みを見ると、ある生き物が僕をじっと見つめていたのです!

僕を見つめていた生き物の正体

皆さんにクイズです。

以下の画像の中に、僕を見つめていた生き物が映っています。

風景の中に生き物がいます

ゆんつ
ゆんつ

わかるかな?

もう少し近づいてみます。

風景の中に生き物がいます

ゆんつ
ゆんつ

もう、わかった?

さらに近づきます。

木の中にいるヘビ

もう、わかりましたよね。

そう。

ヘビです!

地面を這うヘビなら何度も見たことがありますが、木に登っているヘビです!

ゆんつ
ゆんつ

木に登ってるの始めて見た!

僕が感じていた視線の正体は、木に登って枝の間から顔を出していた「ヘビ」の視線でした!

顔が出ていた木の中をのぞいてみると、長~い胴体がうねっていました。

ヘビの胴体

多分1.5mくらいの長さがあるヘビだと思います。

マムシ?アオダイショウ?

ところで、このヘビ。

毒があるマムシでしょうか?

それとも、毒がないアオダイショウでしょうか?

よく、「マムシは頭が三角でアオダイショウは丸い」なんてことを言います。

このヘビは頭が丸っぽい感じだったのでアオダイショウのような気がしますが、僕はヘビに詳しくないのではっきりしたことが解りません。

ネットで調べてみたところ、以下のツイッターに、「身近なヘビの見分け方」というイラスト入りの分かりやすいヘビの見分け方が載っていました。

これによると、アオダイショウは

  • かくばった顔つき
  • 目はオリーブ色
  • 木登りが得意

という特徴があるようです。

今回僕を見ていたヘビに当てはめてみると、まず、木の上にいたので木登りが得意なのは間違いありません。

かくばった顔つき、目がオリーブ色というのも当てはまっているような気がします。

アオダイショウ?マムシ?

下から見たヘビ

ですので、限りなくアオダイショウに近いような気がしますが、やはり素人判断では確信が持てませんね。

噛まれれば良くわかると思うよ

ゆんつ
ゆんつ

お前が噛まれろ!

可愛いくないですか?

それにしても、このヘビ。

可愛いと思いませんか?

可愛い顔をしているヘビ

目がクリッとして、顔つきが穏やかです。

思わず、ナデナデしたくなるような見た目をしています。

僕は、このヘビを見つけた瞬間はビックリしましたが、じっくり眺めているうちに

ゆんつ
ゆんつ

なかなかカワイイじゃないか

という感情が芽生えてきました。

これまでペットとしてヘビを飼う人の気持ちが理解できませんでしたが、このヘビを見て少しだけその気持ちが理解できたような気がします(笑)

守り神かもね

このヘビがいた近くには神様が祀られています。

よく、「ヘビは神様の使い」なんてことを言われます。

ひょっとすると、このヘビは、その神様の化身なのかもしれません。

そんなことが頭に浮かんだので、ヘビを観察し終わって帰るときに、一応手を合わせて拝んでおきました。

ヘビに手を合わせる僕

また、いつか出会えたらいいなと思います。

動画もあるので、もしよかったらご覧ください。

ヘビクイズ!

それでは、またー。

コメント