洗濯したのにすぐ服が汗臭くなってしまう人にお勧めのオスバンSを使った洗濯法

洗濯したのにすぐ服が汗臭くなってしまう人にお勧めのオスバンSを使った洗濯法レビュー

こんにちは、ゆんつです。

暑い日が続きますね。

僕は汗かきなので、夏場は着ていたシャツやズボンが汗でびっしょりになります。

汗がしみこんだ衣類やタオルは、時間が経過するにつれてまるで雑巾のような嫌な臭いを発します。

そんな、汗がたっぷり染み込んだ衣類やタオルを洗剤で洗うと、一見すると綺麗になっていい香りになります。

でも、汗がたっぷり染み込んでしまった衣類やタオルは、洗濯して一見きれいになったように見えても着用して汗で湿ってくると再び雑巾のような嫌な臭いを発します。

洗いたてのはずなのに、ちょっと汗をかいただけで洗剤や柔軟剤の臭いが消えて嫌な臭いが蘇ってしまう。

ゆんつ
ゆんつ

むむむ・・・

汗かきの僕は長年この現象に悩まされ、洗剤を色々と変えたり柔軟剤を匂い強いものに替えたりしました。

でもほとんど効果がなく、嫌な臭いを根本から取り除くことは半ばあきらめていました。

ところが、数年前にある物を使って洗濯をすると、いったん洗濯した衣類が汗で湿ってきても雑巾っぽい嫌な臭いが復活することがなくなりました。

その、嫌なにおいを取り除いてくれたある物は「オスバンS」です!

オスバンを洗濯に使うことで、洗いたての洗濯物が汗をかくとまたすぐに臭くなるという現象から解放されたのです。

今日は

オスバンSでしつこい汗の臭いを除去する洗濯方法

について書きたいと思います。

洗いたての衣類やタオルが汗をかくとすぐに臭くなる理由

洗濯して乾燥させた衣類やタオルが、ちょっと汗で湿るとすぐに臭くなる。

その理由は「モクセラ菌」という雑菌が繁殖するからです。

このモクセラ菌は通常の洗濯では落とし切れません。

また紫外線にも強いので、天日でしっかり干しても完全に取り除けず一部は残っています。

モクセラ菌は湿度が高いと繁殖しやすい性質をもっており、洗濯をしても落とせずに衣類などに残ってしまったモクセラ菌が汗や水分を吸収するすることで再びいや~な臭いを発するようになるのです。

衣類やタオルから一度この雑巾臭がし始めると、後は普通の洗剤で何度洗っても湿るたびに臭いが復活してきます。

つまり、モクセラ菌を殺菌をしないと、いつまで経っても雑巾臭から逃れられないのです。

このモクセラ菌を退治するためにオスバンSを使うのです。

オスバンとは

オスバンSは日本製薬株式会社が発売している逆性石鹸です。

オスバンS | 一般用医薬品・医薬部外品 | 日本製薬株式会社
日本製薬株式会社が提供する一般/患者・ご家族向けの「オスバンS」についてのページです。

成分は塩化ベンザルコニウムで主に消毒や殺菌に用いられます。

このオスバンSを使って衣類やタオルを洗濯することで、衣類やタオルが殺菌されてモクセラ菌が退治され、あの嫌な雑巾臭からオサラバできるのです。

オスバンSと洗剤は一緒に使わないこと!

洗剤には界面活性剤という成分が含まれています。

一般的な洗剤の界面活性剤は水にとけると陰イオン界面活性剤となります。

陰イオン界面活性剤の特徴は強い洗浄力。

一方、オスバンSは陽イオン界面活性剤です。

陽イオン界面活性剤の特徴は殺菌力。

これらを混ぜてしまうと陰イオンと陽イオンがお互いの特徴を打ち消しあってしまうのです。

洗浄力はなくなるわ、殺菌力はなくなるわで無意味になってしまいます。

ですので、洗剤とオスバンSは混ざらないように別々に使います!

また、メーカーのホームページの取扱い上の注意には

  • 皮革製品に付着した場合は、変質させることがあるので注意すること。
  • 染色した布地は退色することがあるので注意すること。

と書かれているので、皮製品に飛沫が飛ばないように注意したり、色落ちが気になる物には使わない方が良いと思います。

オスバンSを使った洗濯方法

それでは、オスバンを使った洗濯方法について説明していきます。

タライやバケツを使ってオスバンSを500倍に希釈する

オスバンSは水と混ぜて希釈して使用します。

オスバンは水と混ぜて希釈して使用する

希釈度は用途によって違い、メーカーのWEBサイトには

  • 手や指の殺菌消毒なら100倍~200倍
  • 食器類の殺菌消毒なら200~500倍
  • 創傷面の殺菌消毒なら400倍から1,000倍

という目安が書かれています。

僕は自分で試した経験から500倍の希釈で洗濯物の嫌な臭いがとれるので500倍に希釈していますが、臭いの強さによって最適な希釈度は代わってくると思うので、始めてやってみる場合は500倍くらいに希釈して洗ってみて、臭いのとれかたを確認してから濃くしたり薄くしたりすると良いと思います。

ちなみにオスバンSのキャップ1杯は約5ml。

オスバンのキャップ1杯は約5ml

僕は良く5リットルの希釈液を作るのですが、その場合は5リットルの水にオスバンSをキャップ2杯入れることで500倍の希釈液になります。

以下のサイトで、作りたい希釈度の水量に対するオスバンSの量を簡単に計算できます。

【農薬】混ぜ方・作り方「希釈倍率早見表」&「計算アプリ」
せっかくの家庭菜園、農薬を使わない無農薬・減農薬栽培がおすすめ。しかし、時には農薬も少し使ってみるなど、柔軟に始めてみるのが肝心です。液剤や粉剤の農薬を、使用量に希釈する場合の必要な薬剤量を一覧できる早見表と、簡単に必要な薬剤量を計算できる希釈倍率計算アプリを作ってみました。

洗濯物を浸けて2~3時間放置

臭いを取り除きたい衣類やタオルを、水で希釈したオスバンSに2~3時間くらい浸けておきます

臭いを取り除きたい衣類やタオルを、水で希釈したオスバンに2~3時間くらい浸ける

水洗いする

希釈したオスバンSを全部捨てます。

そして、オスバンSに漬けていた衣類やタオルを水洗いします。

希釈したオスバンを全部捨て、オスバンに漬けていた衣類やタオルをしっかり水洗いする

ゆんつ
ゆんつ

僕は手荒れしやすいので使い捨て手袋をつけて水洗いしてます

先ほども書きましたが、オスバンSが衣類に残っていると洗剤の効果が無くなるので、しっかりと水洗いしてオスバンSを落とします。

手洗いが面倒な場合は、洗濯機のすすぎを使ってもいいかもしれません。

洗濯機で普通に洗濯する

洗剤や柔軟剤を入れて、普通に洗濯機で洗濯します。

干す

洗いあがった洗濯物を干します。

以上がオスバンSを使った洗濯方法です。

下洗いにオスバンSを使うだけで、あとは普通の洗濯と同じなので誰にでもできると思います。

ゆんつ
ゆんつ

簡単!

オスバンSはどんな物より効果的だった

以上が、オスバンSを使った洗濯方法です。

世の中には洗濯物の嫌な臭いを抑える洗剤や、良い香りで嫌なにおいを包み込む芳香剤が色々と売られていますが、汗の嫌な臭いを根本から除去するにはオスバンが一番効果的でした。

今では、夏場の洗濯にはオスバンSが欠かせないアイテムです。

もし、

ちゃんと洗濯したのに、どうしてちょっと汗をかいただけで服やタオルが臭くなるんだろう?

と悩んでいる人がいたら。

オスバンSを使った洗濯法を試してみることを、僕はお勧めしたいと思います。

それでは、またですー。

コメント