iPhoneのSafariでの画像やファイルの保存方法、保存したファイルの確認、PCへのファイルのコピー方法

iPhoneのSafariでの画像やファイルの保存方法、保存したファイルの確認、PCへのファイルのコピー方法iPhone

こんにちは、ゆんつです。

iPhoneには標準WEBブラウザと知ってSafariがインストールされています。

SafariでWEBサイトを閲覧していると、時々

ゆんつ
ゆんつ

この画像保存したいな

とか

このファイル保存したいな

ということがあると思います。

今日は

・iPhoneのSafariでファイルや画像をスマホ内に保存する方法
・保存したファイルや画像の確認方法
・保存したファイルや画像のPCへのコピー方法

について書きたいと思います。

ファイルの保存と確認

画像と、画像以外のファイルの保存は少しだけ方法が違います。

画像の保存と確認

WEBサイト上の保存したい画像を長押しします。

WEBサイト上の保存したい画像を長押し

長押ししているとメニューが現れるので、メニューから「”写真”に追加」をタップ。

メニューから「"写真"に追加」をタップ

これでダウンロードは完了しました。

保存した画像は写真アプリに保存されています。

写真アプリを開くと、先ほど「”写真”に追加」で保存した画像がライブラリに追加されています。

保存した画像は写真アプリに保存される

あとは、その写真をタップすれば、保存した画像を確認することが出来ます。

画像以外のファイルの保存と確認

ファイルへのリンクを長押しします。

ファイルへのリンクを長押しする

するとリンク先のプレビューとメニューが開くので、メニューにある「リンク先のファイルをダウンロード」をタップ。

メニューから「リンク先のファイルをダウンロード」をタップ

これで、リンク先のファイルのダウンロードは完了です。

ダウンロードしたファイルを確認するには、iPhoneに標準でインストールされているファイルアプリをタップします。

ファイルアプリが開いたら「ダウンロード」をタップ。

ダウンロードしたファイルを確認したい場合、ファイルアプリを開いて「ダウンロード」をタップ

ダウンロードしたファイルがありました。

ファイルアプリのダウンロードフォルダにダウンロードしたファイルがあった

あとは、ファイルを選択してタップをすれば、ダウンロードしたファイルを確認することができます。

pdfファイルなどを既に開いている場合の保存方法

既にpdfファイルなどを開いて画面に表示している場合。

下部メニューから共有ボタンをタップ。

既にpdfファイルなどを開いて画面に表示している場合、下部メニューから共有ボタンをタップ

メニューが現れるので「ファイルに保存」をタップ。

メニューが現れたら「ファイルに保存」をタップ

保存先選択画面になるので、保存先を選択して右上の保存をタップ。

保存先を選択して、右上の保存をタップ

これで保存が完了します。

この方法はmp3などのファイルでも可能ですが、ファイルの形式によっては共有をタップしてもメニューにダウンロードが無い場合もあります。

ゆんつ
ゆんつ

テキストファイルとかね

そういう場合はファイルへのリンクを探して、先ほどのリンク長押しから保存する方法で保存します。

ダウンロードしたファイルをPCにコピーする

画像と画像以外のファイルでコピーの方法が違います。

画像

パソコンとiPhoneを繋ぐとエクスプローラーにApple iPhoneが表示されます。

パソコンとiPhoneを繋ぐとエクスプローラーにApple iPhoneが表示される

Apple iPhoneをクリックして「Internal Storage」⇒「DCIM」というフォルダをクリックします。

すると各月ごとのフォルダが現れるので、画像をダウンロードした月のフォルダをクリック。

Apple iPhoneをクリックして「Internal Storage」⇒「DCIM」をクリックすると各月ごとのフォルダが現れるので、画像をダウンロードした月のフォルダをクリック

フォルダにはダウンロードした画像があるので、あとはそれをコピーしてパソコンの適当な場所に貼りつければiPhone内の画像をパソコン内にコピーできます。

フォルダにダウンロードした画像があるので、あとはそれをコピーしてパソコンの適当な場所に貼りつける

画像以外のファイル

僕の知る限り、パソコンからiPhoneのダウンロードフォルダには直接アクセスできません。

ですので、ちょっと面倒ですが僕はこういう手段を取ってます。

iPhoneのファイルアプリを起動してダウンロードフォルダを開き、PCに移動させたいファイルを長押しするとメニューが現れるので「移動」をタップ。

ファイルアプリを起動してダウンロードフォルダを開き、PCに移動させたいファイルを長押し

すると、iCloudや移動先として指定可能なアプリが現れるので、適当なアプリをタップして右上の「移動」をタップ。

移動をタップすると、iCloudや移動先として指定可能なアプリが現れるので、適当なアプリをタップし右上の「移動」をタップ

ゆんつ
ゆんつ

今回はiPhone標準アプリの「Pages」にします

これで、Pagesというアプリにファイルが移動しました。

iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動します。

iTunesのメニューからiPhoneのアイコンをクリックします。

iTunesのメニューからiPhoneのアイコンをクリック

そしてファイル共有をクリック。

ファイル共有をクリック

ファイル共有画面になるので、先ほど移動先として指定したアプリ(今回はPages)をクリックすると、移動したファイルが一覧に表示されます。

ファイル共有画面になるので、ファイルの移動先として指定したアプリをクリックすると、移動したファイルが一覧に表示される

パソコンに保存したいファイルをクリックして、「保存」ボタンをクリック。

パソコンに保存したいファイルをクリックして、「保存」ボタンをクリック

すると保存先を選択するウィンドウが開くので、ファイルを保存したいフォルダを指定し、「フォルダーの選択」ボタンをクリック。

保存先を選択するウィンドウが開くので、ファイルを保存したいフォルダを指定し、「フォルダーの選択」ボタンをクリック

これで、iPhoneにダウンロードしたファイルをPCに保存することが出来ました。

iPhoneにダウンロードしたファイルをPCに保存することが出来た

保存先をiCloud DriveにするとPCへのコピーが簡単になる

先述したダウンロードしたファイルを適当なアプリに移動してiTunesで取り出す方法は、手数がかかって面倒です。

ゆんつ
ゆんつ

めんどい!

ですので、ダウンロードしたファイルをパソコンにコピーする機会が頻繁にある場合には、ダウンロードファイルの保存先をiPhone内のダウンロードフォルダではなく、オンラインストレージのiiCloud Driveにしておいた方が手数がかかりません。

保存先をiCloud Driveにする方法は、iPhoneの設定アプリを開いてSafariをタップ。

iPhoneの設定アプリを開いてSafariをタップ

Safariの設定画面になるので「ダウンロード」をタップ。

Safariの設定画面になるので「ダウンロード」をタップ

ダウンロード先の選択画面になるので「このiPhone内」から「iCloud Drive」に変更します。

ダウンロード先の選択画面で「このiPhone内」から「iCloud Drive」に変更

以上で、ファイルのダウンロード先はiCloudに変更されます。

iPhoneでダウンロードしたファイルをパソコンにダウンロードしたい場合は、iCloudにログインして「iCloud Drive」をクリック。

ファイルをダウンロードしたい場合は、iCloudにログインして「iCloud Drive」をクリック

「Downloads」というフォルダがあるのでクリック。

「Downloads」というフォルダをクリック

Downloadsフォルダ内にダウンロードしたファイルがあるので、ダウンロードしたいファイルをクリックしてダウンロードアイコンをクリック。

Downloadsフォルダ内にダウンロードしたファイルがあるので、ダウンロードしたいファイルをクリックしてダウンロードアイコンをクリック

すると

C:\Users\ユーザー名\Downloads

※ユーザー名の部分は自分のパソコンのユーザー名

というフォルダにファイルがダウンロードされます。

パソコンのDownloadsフォルダにファイルがダウンロードされる

まとめ

以上、画像やファイルのiPhoneへのダウンロード・確認・移動方法についてでした。

まとめると

ダウンロードは

・画像 ⇒ 長押しして「写真に追加」をタップ
・画像以外のファイル ⇒ リンクを長押しして「ダウンロード」をタップ

ダウンロードしたファイルの確認は

・画像 ⇒ 写真アプリで確認
・画像以外のファイル ⇒ ファイルアプリのダウンロードフォルダから確認

ダウンロードしたファイルのPCへの移動は

・画像 ⇒ DCIMフォルダ内にある該当月のフォルダからコピー
・画像以外のファイル ⇒ファイルアプリで適当なアプリに移動させてiTunesで保存、またはiCloudを保存場所にしてそこからダウンロード

という感じなります。

何かの参考になれば幸いです。

それでは、またー。

コメント