ゆめシティにオープンした「コロッケのころっ家」のコロッケを食べてみた!

ゆめシティにオープンした「コロッケのころっ家」のコロッケを食べてみた!食品

こんにちは、ゆんつです。

2023年1月26日(木)

下関市のゆめシティに、ものまねタレント「コロッケ」さんがプロデュースする「コロッケのころっ家」 がオープンしました。

2023年1月26日(木)下関市のゆめシティに「コロッケのころっ家」 がオープンした

ゆんつ
ゆんつ

各地にフランチャイズ展開しているみたいです

オープン当日はゆめシティ内でも盛んにアナウンスが流れ、お店にはちょっとした行列が出来ていました。

どんなコロッケか興味はあったのですが、その日は行列に並ぶ時間が無かったのでスルーしました。

数日後、ゆめシティに立ち寄ったところ、すぐに買えそうだったので

ゆんつ
ゆんつ

どんな味なんだろう?

と気になっていた僕は、コロッケを買ってみることにしました。

コロッケのころっ家のコロッケ

お店の前にはコロッケさんの人形が置いてあり、売り場に設置されているディスプレイではものまねの映像が流れていました。

「コロッケのころっ家」 の店頭にはコロッケの人形と、ものまね映像が流れるディスプレイが設置されていた

とりあえず今回は、一番オーソドックスなビーフコロッケを購入。

一番オーソドックスなビーフコロッケを購入

一番オーソドックスなビーフコロッケを購入

ビーフコロッケの値段は1個税込み150円。

商品と一緒に「おいしい商品の温め方」も入っていました。

商品と一緒に「おいしい商品の温め方」という説明書も入ってた

ビーフコロッケの見た目はこんな感じ。

「コロッケのころっ家」のビーフコロッケ

大きさはマウスと同じくらいの大きさ。

コロッケの大きさはマウスと同じくらい

コロッケを割って断面を見てみると、こんな感じ。

「コロッケのころっ家」のビーフコロッケの断面

コロッケが温かいうちに、さっそく頂いてみます。

ゆんつ
ゆんつ

いただきまーす

衣はサックサク。

タネのキメが細かく、ジャガイモとお肉の味がしっかりして、ほんのり甘めの味付け。

しっかりと味がするので、ソースを付けなくても食べられるコロッケです。

このコロッケ、普通に美味しいです。

あっという間に1つ食べてしまいました。

2つ買って、もう1個は5時間後くらいに食べたのですが、温めるのが面倒くさくなって温めずに食べたのですが、冷めても美味しかったです。

普通に美味しかった

というわけで、コロッケのころっ家のビーフコロッケを食べてみました。

タレントがプロデュースする飲食店なので、ネームバリューだけだろうと思い、味に期待せずに買ってみましたが、普通に美味しいコロッケだったのでちょっとビックリしました(笑)

メニュ-を見ると、他にも色々なコロッケがあるみたいなので、次はビーフコロッケ以外も購入してみたいと思います。

「コロッケのころっ家」のメニュー

ところで、友人に

ゆんつ
ゆんつ

きのう、コロッケのころっ家のコロッケを食べたよ

と言ったら

何それ?

早口言葉?

と言われました。

まあ、どうでもいい話ですが(笑)

それでは、またー。

コメント