※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

エックスサーバーでドメインを初期化する方法

エックスサーバーでドメインを初期化する方法ブログ運営

こんにちは、ゆんつです。

既存のサイトを消して、1からまっさらな状態で再度サイトを構築したい時。

エックスサーバーでは簡単にドメインを初期化することができます。

例えば、いろいろ実験をしてどうにもならなくなったとき。

実験してたらエラーで繋がらなくなったサイト
ゆんつ
ゆんつ

色々実験してたら、エラーで繋がらなくなっちゃった

初期化すれば、またキレイな環境で1から始められます。

今日は

エックスサーバーでドメインを初期化する方法

について書きたいと思います。

必要な情報は作業前にバックアップ!

ドメインの初期化を行うと、初期化対象のドメインのデータや設定は削除されます。

初期化するドメインに必要な情報がある場合は、初期化前に必ずバックアップをとっておきましょう!

エックスサーバーでのドメインの初期化

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルにログインしたら、「ドメイン」という項目にある「ドメイン設定」をクリック。

サーバーパネルの「ドメイン」という項目にある「ドメイン設定」をクリック

「ドメイン設定」画面になるので、初期化するドメインの「初期化」ボタンをクリック。

「ドメイン設定」画面で初期化するドメインの「初期化」ボタンをクリック

処理方法の選択画面になります。

初期化処理方法の選択画面

各処理方法の違いは以下の通りです
(参考:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_reset.php

 初期化される各種設定
ドメイン設定の初期化
(サブドメイン設定やDNSレコード設定など一部の機能を除き、対象ドメインに関するデータ・設定が全て初期化される)
  • アクセス制限
  • エラーページ設定
  • MIME設定
  • サイト転送設定
  • アクセス拒否設定
  • CGIツール
  • 自動インストール(※データベースは初期化されない)
  • PHP Ver.切替
  • php.ini設定
  • メールアカウント設定
  • 迷惑メールフィルタ設定
  • 自動応答設定
  • メールの振り分け
  • サブFTPアカウント設定
  • FTP制限設定(※対象ドメインのみ)
  • SSL設定(共有SSL)(※対象ドメインのみ)
  • 動作確認URL(※対象ドメインのみ)
  • アクセス解析
  • ログファイル
  • Xアクセラレータ Ver.2有効化
ウェブ領域・設定の初期化
(サイトデータやサイトに関する各種設定の初期化を行う)
  • アクセス制限
  • エラーページ設定
  • MIME設定
  • サイト転送設定
  • アクセス拒否設定
  • CGIツール
  • 自動インストール(※データベースは初期化されない)
  • PHP Ver.切替
  • php.ini設定
  • Xアクセラレータ Ver.2有効化
初期ファイル・フォルダの復元
(ドメイン設定を追加する際に自動で作成されるフォルダ・ファイルが削除されている場合に、削除されたフォルダ・ファイルを復元する)
初期化される設定は無い

処理方法を選択(今回は「ドメイン設定の初期化」を選択)し「確認画面に進む」ボタンをクリック。

処理方法を選択し「確認画面に進む」ボタンをクリック

確認画面になるので、初期化処理をする対象ドメインや処理方法を確認し、間違いがなければ「実行する」ボタンをクリック。

確認画面で初期化処理をする対象ドメインや処理方法を確認し、間違いがなければ「実行する」ボタンをクリック

少し待つと初期化の処理が完了します。

初期化処理完了!

これで、ドメインの初期化は完了です。

初期化後の確認

初期化後にドメインのURLにアクセスすると、まだ何もファイルをアップロードしていない初期画面が表示されました!

初期化したドメインにアクセスすると、何もファイルをアップロードしていない初期画面が表示される

これで、また1からサイトを構築できます。

以上、エックスサーバーでドメインを初期化する方法でした。

それでは、またー。

コメント