※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Apple IDの作成方法

Apple IDの作成方法iPhone

こんにちは、ゆんつです。

iPhoneを使う場合に必要となるのが「Apple ID」

Apple IDが無いとiTunes StoreやApp Storeでコンテンツを購入したりダウンロードしたりすることができず

ゆんつ
ゆんつ

Apple IDが無いとiPhoneは何もできない!

といっても過言ではありません

Apple IDは、簡単な手順でサクサクッと作成することができます。

今日は

Apple IDの作成方法

について書きたいと思います。

Apple ID作成前にしておいた方が良いこと

Apple IDの作成にはメールアドレスの登録が必要となります。

その際のメールアドレスにキャリアメール(ドコモなどの携帯キャリアのアドレス)を設定しようとすると、「キャリアメールを使用しますか?」というメッセージが出て、キャリアメール以外でApple IDを作成するように推奨されます。

Apple ID作成の際にキャリアメールを使用しようとすると、それ以外のメールアドレスを使用するように推奨される

そのままキャリアメールのアドレスでApple IDを作成することも勿論できます

でも、キャリアメール以外のメールアドレスを持っていない場合はGmailなどのアカウントを作成し、そのアドレスを使ってApple IDを作成したほうが良いと僕は思います。

Apple IDの作成方法

それでは、Apple IDを作成しましょう。

設定アプリを開き「iPhoneにサインイン」をタップ。

設定アプリを開き「iPhoneにサインイン」をタップ

Apple ID画面になるので、「Apple IDをお持ちでない場合」をタップ。

Apple ID画面になるので、「Apple IDをお持ちでない場合」をタップ

名前と生年月日の登録画面になるので、それらを入力します。

名前と生年月日の登録画面になるので入力し、「続ける」ボタンをタップ。

入力出来たら「続ける」ボタンをタップ。

メールアドレスの入力画面になるので、メールアドレスを入力し、Appleからのお知らせを受け取るかどうかを選択して、「続ける」ボタンをタップ。

メールアドレスの入力画面になるので、メールアドレスを入力し、Appleからのお知らせを受け取るかどうかを選択して、「続ける」をタップ
ゆんつ
ゆんつ

メールアドレスを持っていないをタップすると、iCloudメールアドレスの取得に誘導されます

「Apple IDパスワード」の設定画面になるので

8文字以上で

  • 数字
  • アルファベットの大文字と小文字

を含む(※記号も使用可)


という条件を満たしたパスワードを設定します。

「Apple IDパスワード」の設定画面になるのでパスワードを設定し「続ける」ボタンをタップ

パスワードの設定が終わったら「続ける」ボタンをタップ。

「電話番号」という画面になるので「続ける」ボタンをタップ。

「電話番号」という画面になるので「続ける」をタップ

利用規約画面になるので、「同意する」をタップ。

利用規約画面になるので、「同意する」をタップ

「Apple ID」画面になるので、先ほどメールアドレスの入力画面で入力したメールアドレスを入力。

「Apple ID」画面になるので、先ほどメールアドレスの入力画面で入力したメールアドレスを入力

サインインが始まります。

メールアドレスを入力すると、サインイン画面になる

パスコードの入力画面になるので、iPhoneに設定しているパスコードを入力。

パスコードの入力画面になるので、iPhoneに設定しているパスコードを入力

Apple IDが作成されサインインした状態になります。

Apple IDが作成されサインイン状態になった

Apple IDは作成されましたが、メールアドレスの確認が完了するまではiCloudやApp StoreでApple IDを使用することはできないので、「メールアドレスを確認」をタップ。

「メールアドレスを確認」画面になるので「コードを送信」ボタンをタップ。

「メールアドレスを確認」画面になるので「コードを送信」ボタンをタップ

確認コードという画面になるので、メールアドレスに届いた確認コードを入力します。

確認コードという画面になるので、メールアドレスに届いた確認コードを入力するとメールアドレスの確認完了

以上で、メールアドレスの確認は完了です。

続いて、「デバイス上の連絡先」というメッセージが出るので「結合」をタップ。

「デバイス上の連絡先」というメッセージが出るので「結合」をタップ

これにより、iPhoneとiCloudの連絡先が同期するようになります。

以上で、Apple IDの作成は完了です!

Apple IDの作成完了!

ただし、まだこの状態ではiTunes StoreやApp StoreでApple IDを使用することができないので、作成したApple IDをiTunes StoreやApp Storeで使用したい場合の手順について次で説明します。

Apple IDをApp Storeなどで使えるようにする

Apple IDを作成して初めてiTunes StoreやApp Storeで何かをダウンロードしようとすると、「このApple IDはiTunes Storeで使用されたことがありません」というメッセージが表示されます。

「このApple IDはiTunes Storeで使用されたことがありません」というメッセージが表示されたら「レビュー」をタップ

このメッセージが表示されたら「レビュー」をタップします。

Appleメディア利用規約の同意確認画面になるので、「利用規約に同意する」のスイッチをタップしてオンにして「次へ」をタップ。

Appleメディア利用規約の同意確認画面になるので、「利用規約に同意する」のスイッチをタップしてオンにして「次へ」をタップ

支払い方法や名前、住所の入力画面になります。

支払い方法や名前、住所の入力画面になるので、それらを入力して「次へ」をタップ

以下の項目を入力し「次へ」をタップ。

  • お支払方法
  • 請求先氏名
  • 請求先住所
ゆんつ
ゆんつ

今回はお支払方法は「なし」を選択しました

支払方法は後から変更できるので、支払方法が決まっていない場合は「なし」で良いと思います

支払い方法などの入力が完了すると、「Apple ID作成完了」画面になり、このApple IDでAppleの全てのサービス(iTunesやApp Storeなど)を使用することができるようになります!

支払情報などの入力が完了すると、Apple IDでAppleの全てのサービス(iTunesやApp Storeなど)を使用することができるようになる
ゆんつ
ゆんつ

お疲れさまでした

まとめ

というわけで、Apple IDの作成方法でした。

ポイントをまとめると

  • Apple IDの作成に使用するメールアドレスはキャリアメール以外が無難
  • Apple IDを作成したあと、Appleメディア規約に同意し、支払方法を入力しないとApp StoreやiTunesでダウンロードをしたりすることができない

という感じになります。

何かの参考になれば幸いです。

それでは、またー。

コメント