鳥皮から出た油でチャーハンを作ると美味しいよというお話

料理

こんにちは、ゆんつです。

僕は良くスーパーで鳥皮を買ってきます。

鳥皮は安くて美味しいので、下手すると身の部分より好きかもしれないです。

今日はそんな鳥皮から油をとって、その油でチャーハンを作ろうと思います。

鳥皮から油をとる

料理と書きましたがそれほど大層なものじゃないです。

油をひかないフライパンに細かく切った鶏皮を入れ弱火でじっくりと炒めます。

炒めているうちに鶏皮から油が出てくるのでサラダ油は不要です。

ひたすら根気よく弱火でじっくり炒めていると、どんどん鳥皮から油が出てきます。

この油を鶏油(チーユ)といいます。

チーユはラーメンの隠し味に入れたりするそうですが、僕はこれをチャーハンに使います。

鶏皮が油で揚げたような感じで茶色く色づいたら、フライパンから鶏皮を引き上げます。

チーユをとったあとの鶏皮です。

塩を軽く振りかけて食べるとパリパリして美味しいです。

チーユでチャーハンを作る

ここまでは準備運動のようなもので、ここから本番です。

鳥皮を引き上げるとフライパンにチーユが残ります。

画像のチーユは200グラムの鳥皮から出たものです。

このチーユを使って今からチャーハンを作ります。

チャーハンのレシピはクックパッドの「☆私のイチオシ!究極のレタスチャーハン☆」のレシピを自分流に少しアレンジしています。

材料(2人前)

チーユ(さっき鳥皮からでたやつ)

ごはん 500g位

卵 2個

ウインナー 2本

レタス 適量

塩コショウ ほんの少し

鶏ガラスープの素 小さじ3

醤油 小さじ1

マヨネーズ 大さじ1くらい

手順

1. 下準備

レタスはチャーハンを作る30分くらい前に洗って食べやすい大きさにちぎり、ザルに入れてしっかり水気を切っておきます。

時間が無い場合はレタスの水気をキッチンペーパーでふき取ります。

そうしないとレタスの周りについた水分でべチャッとしたチャーハンになります。

ウインナーは細かく刻み、卵を容器に溶いておきます。

2. フライパンを熱し溶いた卵を入れる

チーユの残っている鍋を熱し、かき混ぜた卵をドバーっと入れて箸で軽くかき回します。

火加減はずっと強火です。

3. 卵が少し固まった状態で、一旦卵をボウルに戻す

卵が少し固まったら、一旦ボウルに戻します。

4. ウインナーを入れて炒める

卵を取り出したフライパンにウインナーを細かく切ったものを入れ軽く炒めます。

4. ご飯と卵をフライパンに入れて炒める

ご飯と、ボウルに戻していた卵をフライパンに入れ、鶏がらスープの素と塩コショウを入れて混ぜながら炒めます。

塩コショウは本当に少な目の気持ち程度でいいです。

この後で醤油とマヨネーズが入るので、この時点では味が薄く感じても出来上がりは十分味がついています。

5. マヨネーズを全体にかけて、醤油を回し入れて炒める

6. レタスを入れてさっと炒めたら完成

レタスを入れて混ぜ合わせ、レタスが少ししんなりしたら完成!

さあ、食べよう

ご飯がパラパラで、チーユの旨みが飯に染みてて、なおかつレタスのシャキシャキ感が相まってうまい!

チーユを使うことでチャーハンの味に一段とコクが出て、後を引く美味しさになるのです。

フライパン一杯に作っても、あっという間に無くなってしまいます。

材料を見てもわかるように、どれもリーズナブルな材料ばかりでとにかく安く手軽に作れます。

→Amazonで鶏皮を探す

→楽天市場で鶏皮を探す

このチーユを使ったチャーハンは僕のレパートリーの中で家族や友人からリクエストされる数少ない料理の1つでもあります。

もしよかったらやってみてね。

よくなくてもやってみてね←強制

最後にずっと言いたかったことを言って終わります

はい、チーユ!

コメント