夏休みの思ひで

雑記

こんにちは、ゆんつです。

最近朝スロージョギングをしていると公園で子供がラジオ体操をしている光景を目にします。

夏休みにラジオ体操を実施するところは減少傾向のようですが、僕の住んでる地域では小規模ながらまだ実施されているようで懐かしい気持ちになりました。

そして走りながら自分が小学生の頃の夏休みを思い出しました。

小学生の頃僕の家には母親が決めた夏休みのルールがありました。

それは夏休みに入って2週間で学校から出されている宿題を全部片付けるというものです。

こう聞くと「うわっ教育ママ!!」と思うかもしれませんが、そうではないのです。

2週間で宿題が終わってからは、口うるさく勉強しろとは言いません。

とにかく「早く宿題を終わらせなさい。その後は何してもいいから」というのが母の教育方針でした。

スポンサーリンク

夏休みの宿題

僕が小学校の学校から出される頃の夏休みの課題はいつも決まっていました。

「夏休みの友」とよばれる国語算数理科社会のドリル。

そして植物や昆虫の観察をする自由研究。

絵日記

読書感想文

工作

これらの課題を2週間のうちに片付けるのです。

「えっ絵日記も?」と思われるかもしれませんが、絵日記も天気の部分を除いては2週間のうちに8月31日分まで書いてました。

まるで週刊誌に連載している漫画家のようです。

絵日記の書き方

夏休みは約40日間あるので、僕は1日に3日分の絵日記を書いて、2週間で40日分の絵日記を完成させていました。

僕の書き方は例えば当日が7月20日なら、7月20日と、夏休みを逆からさかのぼって8月31日と8月30日の3日分を書くのです。

そうするとちょうど2週間くらいで当日分と未到来の日がぶつかって日記が完成します。

当日起こったことを絵日記にするのは当たり前ですが簡単です。

問題はまだ未到来の日付の絵日記です。

まだ起きてもいない出来事を想像して書かなければなりません。

僕の場合お盆は祖父母の田舎に1週間帰省するので、そこは割と書きやすいんですが、問題はお盆過ぎです。

まったく素材が何もない状態で妄想だけを膨らませて書いていきます。

当然ですが当日でないと確定しないような天気の話題とかには触れられません。

また「○○君と遊びました」みたいなのもNGです。

万が一先生が日記を突き合わせた場合にばれてしまう可能性があるからです。

そこで僕が考えたベストの方法がお昼ご飯の内容を日記にすることです。

これなら自分一人で完結するので誰にもばれません。

なので僕の絵日記は毎年お盆までは実体験、お盆は妄想田舎話、お盆過ぎからは妄想の昼飯の食レポという内容で構成されていました。

この日記の内容で特に先生から何か言われたりすることもありませんでした。

実際は気づいていて呆れていたのかもしれません。

怪我なく楽しく過ごしましょう

僕は小学生4年生の夏休み、遊んでいる最中に目の怪我をしてしまい夏休みの3分の1くらいをおとなしく療養しなければならず、行くはずだったキャンプやお祭りにいけずつまらない思いをしました。

怪我をするとせっかくの楽しい夏休みが台無しになります。

もしこのブログをみてるちびっ子がいたらくれぐれも怪我無く、楽しく沢山遊んでください。←ちびっ子どころか誰も見てねえよブタ野郎!

あと僕の絵日記の書き方は真似せずに、ちゃんと毎日本当にあった出来事だけをつけるようにしましょう。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました