やる気ゼロ応援団

雑記

こんにちは、ゆんつです。

夏の甲子園は花咲徳栄が優勝しましたね。

僕はプロ野球はほとんど見なくなりましたが、夏の甲子園はなるべくテレビで見たりラジオで聞いたりするようにしています。

高校生が一生懸命に戦っているのを見ると「青春っていいなあ」と思います。

そして僕の高校時代を思い出します。

僕は高校時代は帰宅部だったので野球はしていません。

でも高校1年生の時に応援団に入れられて、スタンドで応援させられたことはあります。

今日はそのことについて書こうと思います。

スポンサーリンク

僕の高校の応援団

僕の通っていた高校には年間を通して活動する応援団はありませんでした。

応援団は高校野球の県予選が始まる1月前に作られるのです。

野球部は毎年30点くらい点を取られて1回戦でコールド負けするほど弱かったので公募をしても誰も応援団をやる人がいません。

なので、各クラスでくじ引きをして不運にも当たりくじを引いた奴が強制的に応援団をやらされるのです。

当然僕は当たりくじを引き応援団に入らされました。

応援団の結成式に出席すると各学年、各クラスから色々な犠牲者が集まっていました。

当然全員やる気ゼロです。

年功序列で3年生が団長になるんですが誰もやりたがりません。

結局そこでもくじ引きが行われ、当たりを引いた人が団長と副団長をやることになりました。

こんな応援団なので団長も副団長もやる気が無く、練習もいい加減で欠席者も多かったです。

そもそも応援団なのに団長も副団長も小声なのです。

おまけに振付の練習も無く、ただ学ランとハチマキをしているだけと言うようなコスプレ応援団でした。

試合前日

最後の応援練習がありました。

練習が始まると団長と副団長は「今からじゃ遅いかもしれないけど、応援団をするなんて一生に一度かもしれないから全力で思い出に残るような応援をしようぜ」と言い始めました。

それまでの団長と副団長からは信じられない発言です。

前日に青春ドラマでも見たのかもしれません。

最後の練習は団長も副団長も別人になったように大声を張り上げ、僕たちに対する指導もいつもよりも厳しかったです。

試合当日

集合場所に集まると団長と副団長の声は潰れていました。

おまけに団長も副団長も前日の張り切りすぎでグッタリして体調が悪そうで、どうみても使い物にならなくなっていました。

他のメンバーがサポートできればいいのですが、団長と副団長しか出来ないことがあるんです。

それは各選手には応援フレーズと言うのがあって、例えば1番バッターが山本君なら「走れ走れ山本、はやてのようにかけぬけろ」とかその選手の特徴を織り込んだフレーズを打席に入る前にリズムに乗せて言うんですが、これを団長と副団長以外はきちんと暗記しておらずうろ覚えなのです。

応援団がこのフレーズを言った後に、応援に来ている人たちがそのフレーズをなぞって言うので間違えられません。

3年生の応援団員が球場に向かうマイクロバスの中で会議をした結果出た結論は、応援フレーズや難しいことは一切はやめて吹奏楽部が演奏している曲目に合わせて大声で歌うだけにしようということになりました。

試合が始まります。

相手チームの応援団は相当な練習をしたようで一糸乱れぬ動きで応援を始めます。

観客も応援団の動きとシンクロしながら応援し凄い熱気です。

僕たちの高校の野球部は弱小チームなので1回の表で10点以上とられました。

僕たちの高校の攻撃になりました。

僕たち応援団は演武が出来ないのでただ学ランを来て直立不動で手を体の後ろに組み吹奏楽部の演奏する曲に合わせて大声で歌いました。

応援団でもなんでもなく、ただの珍妙な合唱団です。

観客も僕らの応援とはまったくシンクロせず、死んだ魚のような目で試合を見ています。

試合は30点近くとられてコールド負けでした。

こんな応援でも先生からも叱られないし誰からも苦情がくることが無かったので、野球部も応援団も全く期待されていなかったんでしょうね。

おめでとうございます

花咲徳栄優勝おめでとうございます。

埼玉県初の夏の甲子園制覇だそうです。

そして広陵も強かった。

点差は開きましたがヒットの数は花咲徳栄16本と広陵13本で拮抗していました。

強豪校らしく両チームともプレーも応援も素晴らしかったと思います。

高校生の全力で頑張る姿を見ると「僕もあの時にもう少し一生懸命応援をしておけばよかったなあ」と反省させられます。

まあすぐ忘れるんですけどね。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました