僕のばあちゃん

雑記

こんにちは、ゆんつです。

今日は敬老の日ですね。

1年のうちでおじいさんやおばあさんが一番大事にされる日です。

僕たち家族も母方の祖母を連れて食事に出かけました。

お店についてメニューをみると美味しそうな料理が沢山並んでいます。

家族は皆天ぷらや刺身がついた御膳を頼んだのですが、祖母が頼むのはいつも決まっています。

祖母はどこに行っても「肉うどん」を注文するのです。

遠慮しているというわけではなく、祖母は昔から外食するときの注文は必ず肉うどんなのです。

メニューに無ければ仕方なく別の物を頼みますが、肉うどんを注文できる時には他にどんな美味しいものがあっても肉うどんなのです。

お店には僕たちのように祖父母を食事に連れてきた人達が沢山いました。

その人たちのテーブルではおじいちゃんおばあちゃんがメニューの中で一番高そうな御膳を食べています。

それが僕たち家族のテーブルでは僕たちが御膳を食べて祖母は肉うどんを食べているのです。

よその家族が見たら敬老の日に自分たちだけ良いものを食べて、祖母にうどんを食わせる「鬼家族」と思われているに違いありません。

でも祖母が一番好きな食べものはうどんなのです。

好きな物ベストスリーは

1位 肉うどん
2位 天ぷらうどん
3位 きつねうどん

なのです。

たから祖母をのけ者にして僕たちだけ良いものを食べているとかではないのです。

今から数年前の話です。

祖母の誕生日が近づいてきたころ、母は祖母に何か欲しいものが無いか聞きました。

それまでも毎年洋服や帽子、靴などをプレゼントしてきたのですが表面上は嬉しそうなのですが心底喜んでいる感じでは無かったので、その年の誕生日では本当に祖母に欲しいものを聞いてそれをプレゼントしようと思ったそうです。

すると祖母は「どん兵衛の肉うどん」が欲しいと言ったそうです。

母が「誕生日プレゼントなのにどん兵衛でいいの?」と聞き返すと祖母は力強く頷いたそうです。

母は「どんだけ肉うどんが好きなんだよ」と軽く引きつつも、好きな物をあげようとスーパーでどん兵衛の肉うどんを3つ買って持って行ったそうです。

どん兵衛の肉うどんを祖母に手渡すと祖母はパッと嬉しそうな顔になった後、急に真顔になって「誕生日なのに3つって」と言って暗に1箱要求してきたそうです。

その後母がどん兵衛の肉うどんを1箱手に入れてプレゼントしたら、今までの服や帽子などのプレゼントに比べ物にならない位喜んでいたそうです。

こんな祖母を僕は愛しくて面白い人だなあと思います。

僕の父方の祖父母は既に亡くなっており、母方の祖父ももう亡くなっています。

ゲーム風に表現すると母方の祖母が最後の一機なのです。

この祖母がいなくなってしまうと僕の祖父母は絶滅してしまうのです。

大切に大切にしなければなりません。

もし祖母に万が一のことがあった時に「○○をしてあげれば良かった」とか後悔しないように、僕がやれる範囲内で祖母のやりたいことを思う存分させてあげたいなと思っています。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました