ちょっとしたこと

雑記

こんにちは、ゆんつです。

つい最近の出来事です。

僕はお昼ご飯を食べるために1人で定食屋に入りました。

その定食屋は1人客は向かい合わせの仕切りがあるカウンターに案内されます。

僕は案内されたカウンターに着席しました。

僕が着席するとほぼ同時に僕の正面にもお客さんが座りました。

着席から約10分位でしょうか。

僕の頼んだ定食が出てきました。

ほぼ同時に向かいの席にも定食が運ばれてるのが見えました。

僕は大根おろしに醤油をかけようとしてテーブル中央にある共用の醤油に手を伸ばそうとすると向かいの人が一足先に醤油をつかみました。

僕は手を引っ込めて、醤油が中央に戻ってくるのを待ちました。

しかし醤油は全然中央に戻ってきません。

醤油なんてチョロッと食材にかけたら役目は終わりです。

10秒もあれば真ん中に戻せます。

僕は我慢できなくなり少し屈んで仕切りの間から向かいの客を見ました。

すると向かいの男性は自分の食事が乗っているお盆に醤油を乗せたままスマホを見つつ飯を食っているのです。

僕が「あのー醤油を」と言うと、チラッと僕の方をみて彼は何も言わずに真ん中に醤油を戻しました。

醤油を戻してくれたので一件落着なんですが、僕には共同で使うものをずっと自分の手元に置く神経がわからないのです。

たしかに食べていて「もう少し醤油がかけたいな」と思うことはあります。

それならまた中央から醤油を取ってかければいいだけです。

手元に置いておく必要性は全くありません。

僕は人の好き嫌いはあまりないのですが、共有の物を独り占めするようなマナー知らずは嫌いなのです。

待っている側はもどかしい気持ちがどんどん大きくなるのです。

こういう人は同じ目に合わないとされた側の気持ちがわからないと思うので、家の中にある調味料が全部微妙に自分の手の届くところよりも高いところに置かれる魔法にかかって欲しいです。

あっ思い出した!

ここまで怒りにまかせてキーボードを叩いてきて僕は一つの事を思い出しました。

約5年前の残業中にお腹が減った僕は腹ごしらえに牛丼屋に入りました。

腹ペコの僕は牛丼とサラダを注文し牛丼に紅ショウガを乗せサラダにドレッシングをかけていそいそと食べ始めました。

すると隣の席から「すいませんドレッシングいいですか?」との声。

僕はドレッシングを元の位置に戻さずに自分の真横にドレッシングを置いた状態で飯を食っていたのです。

僕が慌ててドレッシングを渡すと、相手は嫌な素振りは一切なくにこやかに受け取ってくれました。

僕も共用のものを独り占めしていたことはあったのです。

言い訳をさせてもらうと僕はその時連日の残業で疲れてそこまで気がまわならない状態だったのです。

疲れがたまると人間は注意力が低下し周りが見えなくなり事故などもおこしやすくなります。

今考えると醤油を自分の手元に置いた彼もきっと仕事で疲れていたんだと思います。

なのでさっきの魔法はやめて、疲れがとれるホイミっぽい魔法にかかって欲しいです。

それでは、またですー。

コメント