ダイソーのポリエチレン手袋で手荒れ防止

レビュー

こんにちは、ゆんつです。

僕は20代半ばから今までずっと悩まされている症状があります。

それは手荒れ。

洗剤や汚い水にさわったりするとすぐに手が荒れるのです。

20代前半まではまったく手荒れしなかったのに20代半ばから急に荒れるようになりました。

そんな僕の手荒れにはちょっと変わった特徴があります。

それは洗剤や汚水に触れた時に右手は酷く荒れるけど左手はそれ程荒れないというものです。

なぜ右手だけ酷く荒れるのか?

理由はさっぱり解りません。

お尻にアトピーが出来て皮膚科にかかっていた時についでにこの件についても話したことがあります。

それでも片手だけが酷く荒れる原因はよく解らずに手荒れの塗り薬が出ただけでした。

洗剤や汚水が手につかなければ荒れないので、今では片手だけ荒れる原因の追究は諦めて洗剤が手に着かないように炊事や掃除をするときには必ず手袋をしています。

ゴム手袋や介護用の手袋などいろいろ使ってみましたが、現在僕が使っている手袋はダイソーで売っている使い捨てのポリエチレン手袋です。

今日は僕の生活に欠かすことのできないダイソーの使い捨て手袋について書きたいと思います。

スポンサーリンク

僕の手袋遍歴

最初はひじ位まである使い捨てでは無い清掃作業をする人が使うような厚手のゴム手袋を使っていました。

たしかにこれでも手荒れは軽減しましたが、使い終わった後に完全にひっくり返して綺麗に乾燥させないと手から出た汗や流れ込んできた水分に雑菌が繁殖するのかとても臭くなるのです。

使うたびに裏返してきれいに洗って干すのが面倒でその手袋を使うのは止めました。

次に使ったのは病院や介護施設などで使うような手袋の内側にパウダーが塗ってあるような手首の部分がキュッと締まるサイズがきつめの手袋です。

これは手袋の締め付けとパウダーに不快感を感じて使用を中止しました。

そして行き着いたのがダイソーの使い捨てポリエチレン手袋です。

2種類の手袋

僕の知ってる限りダイソーには2種類の使い捨てビニール手袋があります。

それは箱がピンクのやつと、箱が白いやつです。


サイズはどちらも全長27cmですが一箱に入っている手袋の枚数と厚みが違います。

ピンクの箱は手袋40枚入りで厚手。

白い箱は手袋100枚入りで薄手です。

どちらも内側にパウダーは塗られておらず、手が小さめの僕にはゆったり目のサイズです。

箱にも書かれていますが手袋の内側に凹凸のエンボス加工というのが施されているらしく非常に脱着が簡単です。

料理をしながら合間に洗剤で洗い物するときなどにこの脱着の良さに気づかされます。

脱ぎやすいし付けやすいのに洗い物をしている最中にずるずる手袋がズレてくるとかいうことがありません。

厚みは箱を見ても具体的な数値が書かれていないのでわからないんですが、何とかして厚みを比べてみましょう。

絵の透け方で厚さの比較が出来るかと思いましたが、まったく参考にならない比較をしてしまいました。

実際に使った感覚では薄手は厚手の手袋の3分の1くらいの厚さに感じます。

用途に合わせて

僕はこの2種類のポリエチレン手袋を用途に合わせて使っています。

園芸をするときは厚手。

それ以外は薄手です。

昔は全てを薄手で済ませていたんですが、薄手で園芸をすると小石やスコップの先など鋭利なもので比較的簡単に穴が開くので何枚も必要になるのです。

そこで厚手を使ってみると薄手に比べて格段に耐久性がアップし、手袋の穴あきで何度も手袋を取り換える必要がなくなりました。

炊事、洗濯、掃除の場合は鋭利なもので引っ掛ける可能性が低いので薄手の手袋を使い、中に水が入って気持ち悪くなったら直ぐに取り替えます。

厚手に比べて沢山入っているので気軽に使えるのが薄手の手袋の魅力ですね。

僕は薄手の手袋は家だけでなく車の中、職場にも一箱ずつ置いて洗車や会社の大掃除など水仕事をするときには必ず使っています。

今の僕の日常生活はこの2種類の手袋なしには考えられません。

ダイソーの商品は時々廃番になりますが、ずっと販売してくれると僕はとても嬉しいです。

それでは、またですー。

レビュー
スポンサーリンク
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント