世界一くだらない夫婦喧嘩

雑記

こんにちは、ゆんつです。

この前友人ら数人と「子供時代の嫌な出来事」について話していた時に、何人かの口から「両親の夫婦喧嘩」というのが出ました。

たしかに両親がいがみ合ってるのを見るのが嫌なのはよく解ります。

子供にとっての一番身近な戦争が両親の夫婦喧嘩です。

僕の両親は父が母よりも10歳近く年上だったこともあって、父が母の言動を何でも受け入れるような感じだったので夫婦喧嘩はたったの1回しか見たことがありません。

この事を友達に話すと皆口々に「ええなー」と言いました。

友達の両親は離婚はしていませんが幼少期に頻繁に口喧嘩をしていたそうです。

確かに僕の両親は僕の知る限り1回しか夫婦喧嘩をしていませんが、それがとんでもない夫婦喧嘩だったので今でも強烈に思い出に残っています。

今日はこの夫婦喧嘩について書きたいともいます。

スポンサーリンク

きっかけはささいなことから

僕が小学生の頃の話です。

僕たち家族は2泊3日で福岡、長崎方面に旅行に行きました。

ハウステンボスや大宰府をまわり、美味しいものも食べてとても楽しい旅行でした。

旅行からの帰り道は高速道路は使わずに色んな所に立ち寄りながら一般道を通って帰りました。

帰路の途中で紳士服屋の側の歩道を凄く綺麗な女性が歩いていました。

助手席の母が「凄く綺麗な人。モデルさんかしら。」というので皆車の中からその女性を見ていました。

確かにスタイルが良くて美人でした。

それから1時間くらい走りました。

信号待ちの車の中で父が「さっきはるやまの側を歩いてた人は本当に綺麗だったなー」と何気なく言いました。

すると母は「あそこは、はるやまじゃなくて青山よ」と言いました。

父は綺麗な人が歩いていたのは「紳士服のはるやま」の側だと言い、母は「洋服の青山」の側だというのです。

最初はお互いに「自分が正しい」ということを穏やかな感じで話してたのですが、母が父に「あなたの言うことが当たってたためしがない」と言い、父が母に「絶対俺が正しい」と言い返したあたりからお互い早口になり夫婦喧嘩の様相を呈してきました。

正直僕と兄にとってはどうでもいい話なんですが、両親はお互い一歩も引かずにどんどん口調がきつくなってきます。

父はついに車をUターンさせ「俺が正しかったらお前どうするんだ!」といいながら今までの道を引き返し始めました。

母は涙声で「どうして自分が間違ってるのを認めないの!」と金切り声を上げています。

当時はスマホもネットもありません。

父はどうやらその場所まで戻って確認する気のようです。

隣の兄を見ると彼はまぶたをピクピクさせながらタヌキ寝入りをしてました。

僕も兄を見習って狸寝入りをしました。

僕らが狸寝入りをしている間話はどんどん深刻になり、母は父に「離婚したら○○(兄の名前)とゆんつ(僕)を私が引き取って育てる」などのとんでもない話に発展していきました。

僕はタヌキ寝入りをしながら「えらいことになった」と思い薄目を開けると、隣の兄も薄目を開けて僕の方をみていました。

ついに・・・

車をUターンさせて約1時間が経ちました。

いよいよ夫婦喧嘩の発端となった紳士服屋につきます。

相変わらず父は「お前が間違ってたらそこで降ろすから電車で家まで帰れ」言い、母は「あなたが間違ってたら私が運転するから降りて電車で帰りなさいよ」と喧嘩を続けています。

父が「そろそろだからよく見とけよ!」というと、母は「そっちが良く見なさいよ!」と返します。

どうやらもうすぐ側まで来ているようです。

でも、この瞬間を境にそれまで壮絶な口論をしていた両親は黙ってしまいました。

僕が目を開けると建物にはデカデカと「紳士服のフタタ」と書かれていました。

隣の兄も僕と同じ光景を見ていました。

兄と僕は再びタヌキ寝入りを再開し、無言の車は再び家に向かって走り始めました。

そして家に着いた後も両親は一言も口を聞かず、父はリビングに布団を持ってきて寝ていました。

翌日

朝、目が覚めると相変わらず父と母は口を聞きませんでした。

でも母は無言で父の出張の準備を黙々としていました。

僕はこの光景をみて「どうやら離婚はなさそうだ」とほっと一安心しました。

父は出張族だったので一旦家を出ると土曜の夜まで帰ってきません。

土曜日の夕方。

父の好物のカレイの干物を母親が焼いているのを見て「100%離婚しないな」と確信しました。

これが僕がたった1度だけ体験した両親の夫婦喧嘩です。

if

時々あの時どちらかの答えが当たっていて両親が離婚にまで発展してたらということを考える時があります。

離婚に付き物なのは引っ越しです。

親友に「両親が離婚するから引っ越すんだ」と告げた時に、「どうして離婚するの?」と聞き返されたときに「あおやまか春山で揉めて」と説明して納得する人はいないと思います。

そう考えると「あの時フタタで良かった」としみじみと思うのです。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました