山口県のガードレール

雑記

こんにちは、ゆんつです。

先日関東方面から友人が遊びに来たので山陰方面を車で案内しました。

道中の綺麗な景色にも驚いていましたがそれよりも友達が一番びっくりしていたのはガードレールがオレンジがかった黄色だということでした。

そう。

山口県は県管理の道路のガードレールが黄色なのです。

山口県以外の人は「ガードレールは白い」と思っているので、このガードレールを見せると結構驚いてくれますが、僕は逆に小さいころは日本全国県道のガードレールは黄色だと思っていたので「山口県以外はガードレールは白い」と知ったときにカルチャーショックを受けたことがあります。

スポンサーリンク

なぜガードレールが黄色なのか

山口県の県花は特産品でもある夏みかんの花です。

1963年山口国体の開催にあたり「山口県らしい特色をだそう」とガードレールを特産品の夏みかんの色である黄色に塗り替えたのが始まりです。

現在でも山口県内の県道を走るとこの黄色いガードレールを沢山見かけますが、萩市では景観との調和の観点から黄色のガードレールは徐々に減少し、茶色のガードレールに置き換わっているようです。

白より黄色の方が見やすい

黄色と言うのは信号でもわかるように、注意喚起を促す色とされています。

実際車を運転していても白のガードレールと黄色のガードレールなら、黄色のガードレールの方が慎重な運転をしようとする心理が働くような気がします。

それに夜も見やすいです。

なので県道だけでなく、国道や市道など山口県内のガードレールは全部黄色にすればいいのにといつも思ってます。

まあ管轄が違うから無理でしょうけど。

他の県もすればいいのに

山口県だけではなくて、他の県もガードレールを県花や名物の色にすればいいのにと思います。

例えば広島のガードレールはカープの赤、山口県に入るとオレンジ、関門海峡を渡って福岡県に入ると豚骨スープの乳白色。

そんな感じにすると自動車旅行の時にとても楽しいだろうなあと空想してしまいます。

「佐渡のガードレールは金色」なんてことになったら、それだけを見に佐渡島に観光客が来そうな気がします。

僕のブログも

僕のブログのナビゲーションバーや記事を区切る線を見て下さい。

オレンジがかった黄色、いわゆる「夏みかん色」になっています。

デフォルトでは違う色なのですが、カスタマイズしてこの色にしました。

ブログのいろんな場所に山口県のガードレールの色である夏みかん色を使用することで、ほんのちょっとだけ僕の故郷への愛を示しているのです。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました