ずぼらフライパンビビンバ

料理

こんにちは、ゆんつです。

僕はビビンバが好きで良く作ります。

ビビンバと言うと「石焼き」が定番ですが、石鍋がないので普通にフライパンで作ります。

しかも手の込んだことはしたくないので、とことん手抜きをします。

今日は僕が時々つくるずぼらフライパンビビンバをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

材料(2~3人分)

僕のビビンバは味付け肉とナムルとキムチで作ります。

ですのでそれぞれを作って、最後にご飯の上にそれらを盛りつけます。

味付け肉

豚肉 200g

お好きな焼肉のたれ 適量

ナムル

もやし 1袋

ほうれん草 1/2束

ニンジン 1/2本

タレ(混ぜておく)

醤油 小さじ1

ごま油 大さじ1

鶏がらスープの素 小さじ1

すりごま 大さじ2

キムチ

市販のもの 100g

その他

ご飯 2合

ごま油 大さじ2

手順

1. ナムルを作る

ニンジンは細切り、ほうれん草は食べやすい大きさに切っておきます。

鍋にお湯を沸騰させ最初にニンジンを入れて30秒ほど茹でて

そこに、ほうれん草を追加し更に30秒茹でます。

さらにさらに、そこにモヤシを入れてもう1分茹でたら全てをザルにあげ布巾で水気を絞ります。

タレに水気を絞った野菜をいれて良く混ぜたらナムルの完成です。

2. 味付け肉をつくる

フライパンを中火で熱し、色が変わるまで豚肉を炒める。

テフロンのフライパンの時は豚肉から油が出るので、サラダ油は引かないで炒めます。

豚肉の色が変わってきたら焼肉のたれをかけ回します。

全体にタレが馴染んで来たら強火にしてタレを煮詰めます。

タレが煮詰まって少なくなったら味付け肉の完成。

一旦お皿にあげておきます。

このまま食っちゃおうかな(笑)

3. ビビンバをつくる

肉を焼いたフライパンを洗ったりせずにそのまま使います。

フライパンにごま油を引いて強火でよく熱します。

フライパンがよく熱されたら、ご飯を入れてフライパンに押し付けるような感じで均等にならします。

その上に先ほど作ったナムル

キムチ

味付け肉を乗せます。

フライパンの上はまるで三国志です。

最後にど真ん中(三国志で言うと荊州のあたり)に生卵を落とし、ご飯を少しめくってみて端っこがおこげになってたら火を止めて完成!

食べよう

食べる前に卵や具材、ご飯を混ぜ合わせます。

ちゃんとおこげも出来てます。

お好みでコジュジャンを混ぜると美味しいです。

いただきまーす。

焼肉のたれが少しの残ったフライパンでご飯を焼いているので、焦げ目のついたご飯はほんのり焼肉のタレの香りがついていてこれがまた美味。

シャキシャキした歯ごたえでタレの味が馴染んだナムル。

焼肉のたれを使ったちょっと濃い目の味のお肉。

そしてほどよい辛さのキムチ。

単独で食べても美味しいこれらの具材が混ざることで絶妙な味加減となり、それにプラスして更に卵が混ざることで全体の味がマイルドになり食べやすくなり箸が進みます。

最初はコチュジャンを入れずに食べて、途中からコチュジャンを入れることで2つの味を楽しむことも出来ます。

ビビンバと言うとナムルを作ったり味付きの肉を作るのが面倒に感じますが、このやり方だと30分以内(ご飯を炊く時間は除く)で出来ます。

しかも材料はどこにでも売ってて、安い物ばかり。

野菜を1つの鍋で全部ゆでたり、肉を炒めたフライパンをそのまま使ったりと手を抜ける部分は徹底的にぬいたのがこのずぼらフライパンビビンバの特徴です。

野菜もお肉もキムチもガッツリ食べられるスタミナ満点レシピです。

もし興味があったらやってみてください。

それでは、またですー。

料理
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました