インクとインクボトルって何ごみなんだろう?

雑記

こんにちは、ゆんつです。

僕の家には捨てるに捨てられないものがあります。

それがこの詰替え用のインク。

純正品のインクでは無く、インクカートリッジに穴をあけてブチューッと補充するやつです。

封も切っていない未使用のものもあります。

このインクに適合するプリンターは1年前に壊れて捨てています。

なのでこのインクはもう家にあっても使えない物なのです。

プリンターが壊れた時に一緒に捨てていれば良かったのですが、捨てられなかったのです。

理由は「MOTTAINAI」からです。

わざわざローマ字で書く必要もないですが。

全部使いかけなら捨てられるのですが、未使用のものもあるので余計に捨てられないのです。

誰か引き取ってくれる人はいないかと知人や同僚をあたってみたのですが、適合する機種を持ってる人がいませんでした。

オークションに出すことも考えたのですが、未使用品の出品はありますが、こんな使いかけは出品されていませんし、もし売れるとしてもタダ同然の値段でないと売れないでしょうから送料で赤字になってしまいます。

あれこれ考えグズグズしているうちに1年が経ってしまったのです。

スポンサーリンク

捨てます

何かの後押しがないと、僕はこの先もずっと使いみちのないインクを持ち続けてしまいます。

こんな記事をブログに書いたのは、「捨てる!!」という決断を揺るがないものにするためです。

1年間捨てられなかったこの替えインクを捨てます。

インク達よ、さよなら!!

・・・ちょっと待てよ。

インクの詰替えボトルってどうやって捨てたらいいんだ?

インクカートリッジであれば電気屋などにあるリサイクルの回収ボックスに入れてしまえばいいですが、詰替え用のインクボトルは捨てたことがありません。

というわけで僕が住んでいる下関市役所のクリーン推進化に電話して聞いてみました。

捨て方(下関市の場合)

電話で聞いた結果

インク・・・紙や布に吸わせて、吸わせた紙や布は燃えるゴミへ。

ボトル・・・プラマークがついていれば資源ごみ、ついていなければ燃やせないゴミへ 。

穴あけ機などの付属品・・・燃やせないゴミ

との事でした。

これで心置きなく捨てることが出来ます。

捨てよう

ビニール袋にちぎった新聞紙を入れてインクを吸わせます。

インクをブチューっと絞り出ししていきます。

ああ・・・もったいない・・・でも仕方ない。

このインクを吸った紙ごみは燃えるゴミに出します。

全てのボトルからインクを絞り出しました。

ボトルを確認するとプラマークがついていないので、このボトルは燃やせないゴミということになります。

付属品とともに燃やせないゴミに出します。

1年以上も捨てられなかった詰替えインクを、ようやく処分することが出来てスッキリしました。

持っていても使えない物は貰ってくれる人がいなかったら直ぐに捨てないといけませんね。

断捨離断捨離。

今回のインクボトルやインクの捨て方は下関市のルールです。

ごみの捨て方は各自治体ごとに独自のルールがあるので、全ての自治体が同じでは無い事をご了承ください。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました