ナポリタンは太い麺で作った方が美味い!

料理

こんにちは、ゆんつです。

僕はナポリタンが大好きで良く作ります。

昔はナポリタン作りのときに麺の太さを気にせず、その時その時で安く売られているパスタを使っていました。

でもある時「炒めておいしいナポリタンによく合うポポロスパ」というナポリタン用の2.2mmの極太パスタを使ってみました。

すると喫茶店で出てくるようなもっちりとした食感でケチャップがよく麺にまとわりつく昔ながらのナポリタンが出来上がりました。

僕はそういうナポリタンが食べたかったので、とても感激しました。

それ以来ナポリタンは「炒めておいしいナポリタンによく合うポポロスパ」で作っています。

今日はこの麺でナポリタンを作りたいと思います。

ちなみにレシピは「最高に美味いナポリタンの作り方」というレシピで、分量は自分流にアレンジしています。

最高にうまいナポリタンの作り方【op2ch】 - NAVER まとめ
学べる話・ナポリタン・食べ物・ケチャップ・サラダオイル・玉ねぎ・マッシュルーム・ソーセージ・ピーマン・2ちゃんねるまとめ・3分でわかる・2ch・ネットで話題・体...
スポンサーリンク

材料(2人前)

ナポリタンに良く合うポポロスパ 200g

サラダ油 大さじ1

ソーセージ 5~6本

玉ねぎ 1/2個

マッシュルーム 6~8個

ピーマン 3個

ケチャップ 大さじ8

お好みで 粉チーズやパセリ

手順

1. 麺は前日にゆでておく

麺は前日に茹でて一晩置いておいたほうが、おいしいナポリタンを作ることができます。

ナポリタンは一晩寝かせた麺で作ると美味しくなるらしい
こんにちは、ゆんつです。 最近スパゲッティのナポリタンについてネットで調べていたら「ナポリタンを作るときは、茹でてから一晩寝かせた麺で作ると美味しい」という情報を見つけました。 僕はスパゲッティのナポリタンが好きで良く作って食べ...

麺が太いのでゆでる時間は15分です。

茹で上がった麺はザルにあげ水気を切ってタッパーに入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて一晩寝かせます。

この時小さじ1くらいのサラダ油を麺にまぶしておくと、翌日使うときに麺がほぐれやすくなります。

2. 材料を切る

ソーセージは斜め切り。

玉ねぎ、マッシュルームは薄くスライス。

ピーマンは5ミリくらいの幅に切ります。

2. ソーセージとマッシュルームを炒める

フライパンを中火で熱しサラダ油を引いてソーセージ、マッシュルームとマッシュルームを炒めます。

3. 玉ねぎを炒める

ソーセージとマッシュルームにうっすら焼き目がついたら玉ねぎを入れてしんなりするまで炒めます。

4. ケチャップを入れて更に炒める

玉ねぎがしんなりしたらケチャップを入れて具材と混ぜ合わせながら更に炒めます。

ケチャップを入れたばかりの時は全体的にサラサラしていますが、根気よく炒めているとケチャップから水分が飛んでソースが固くもったりした感じになってきます。

5. ピーマンを入れて少し炒める

ソースがもったりしてきたらピーマンを入れてまた少し炒めます。

6. 麺とソースを絡めたら完成

火を弱火にしてソースにサラダ油を適量投入し、ソースを伸ばします。

そこに一晩寝かせておいた麺を投入し、炒めながらソースと絡めて完成です。

食べよう

太い麺にケチャップがしっかりとまとわりついて美味しそうです。

パセリと粉チーズをかけていただきまーす。

ケチャップを長く炒めたことで、ソースからケチャップの酸味が飛んで程よい甘味が出ています。

味付けはケチャップだけなのに、ケチャップだけとは思えないほど奥深くてコクのある味になっています。

甘味とコクがあるソースが太めの麺にしっかりと絡んでいるのですからたまりません。

うーん美味しい!

これまで様々なレシピのナポリタンを作ってきましたが、これがダントツで美味しいです。

ナポリタンのレシピの多くは調味料としてケチャップだけでなく牛乳やバターなど様々な調味料を必要としますが、このナポリタンはケチャップとサラダ油だけ!

塩コショウすら必要ないのです。

それなのにどのナポリタンのレシピよりも美味しいナポリタンができます。

ケチャップをじっくり焦がさないように炒めるのが手間ですが、それだけの価値がある味になっています。

ソースのおいしさと太い麺の相乗効果で、これぞナポリタンというナポリタンらしいナポリタンが出来上がります。

喫茶店で熱々の鉄板に乗せられて出てくるようなナポリタンが好きな人には本当にお勧めです。

目玉焼きもつけるとさらに美味しいですよ。

もし興味があったらやってみてください。

それでは、またですー。

料理
スポンサーリンク
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント