「山口ゆめ花博」で撒かれる大福餅が美味い!

食品

こんにちは、ゆんつです。

山口県では2018年年9月14日(金)~11月4日(日)までの52日間「山口ゆめ花博」が開催されています。

この「ゆめ花博」の開催期間中に毎日開催されているイベントがあります。

それは森のピクニックゾーンで朝の9時40分から行われる「福をつかめ!1000の大福餅まき」というイベントで、地元山口県のお菓子屋さん「果子乃季」が製造した大福もちが森のステージから撒かれるのです(天候が悪い場合は餅まきは中止になり、入場ゲート付近で配布されます)

僕がゆめ花博に行った日は雨模様だったため、餅まきではなくゲート付近での先着順の配布となり1つ頂くことが出来ました。

会場内を見回るのに夢中で、貰った大福餅はカバンに入れたまま会場では食べずに家に持って帰りました。

山口ゆめ花博で配られた「やまぐち大福餅」を食べてみます。

スポンサーリンク

美味いぞこの大福!

袋から餅を出してみます。

表面がとっても柔らか。

半分に割りたくて両側から引っ張るとムニーっと伸びます。

いっただきまーす

外側はお餅というよりも求肥みたいな感じで、とてもきめ細かくモッチモチのムニムニ。

そして中に包まれたあんこはアズキの味がしっかりして甘さ控えめであっさりとしています。

求肥のようなきめ細かくしっとりした皮と、あっさりしたアンコがとても相性が良いです。

甘さがくどくないので後味もスッキリ。

この大福とっても美味い!

一緒に行った友人は帰りの車の中で「美味しい美味しい」と言ってあっという間にぺろりと平らげてました。

絶対食べた方がいいよ!

この大福餅。

お金払って買ってもいいくらい、本当に美味しいです。

イベントで配られるお菓子はパッケージだけ凝っていて味はイマイチみたいなのがありますが、これは違います。

品の良い大福餅といった感じで、食べた後に満足感+ほっこりとした気持ちになれます。

僕は最初餅まきには参加せず会場内を見物する予定でしたが、雨のおかげで美味しい大福餅を手に入れることが出来て幸いでした。

僕の場合餅まきではなく餅配りになったので入場開始時刻にゲートに並んでいた人はほとんどお餅を貰うことが出来ましたが、天気が良くて餅まきの場合は自分の近くにお餅が飛んで来て、なおかつ争奪戦に勝たないと手に入れられません。

入手するには運もありますが、是非食べてみて欲しいです。

記念にもなりますし、その味にもきっと満足できると思います。

天気が悪い場合の大福もちの配布場所の変更などは公式ツイッターに掲載されるので、そちらも要チェックです。

それでは、またー。

食品
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました