インクは互換インクで十分

雑記

こんにちは、ゆんつです。

暮れも押し詰まり休日に年賀状作成をしなければならない時期がやってきました。

年賀状印刷前に欠かせないのがインクの残量チェック。

年賀状印刷中にインク切れなんて起こしたら、ただでさえ忙しい年末の予定が狂ってしまします。

僕はインク切れしても大丈夫なように、予備としてインクをフルセット購入しておきました。

このインク。

純正品ではない互換インクです。

僕はかなり前からプリンターのインクに純正品のインクを使わずに、「インク革命」の互換インクを使っています。

スポンサーリンク

インク革命の互換インクを使うようになったきっかけ

互換インクを使うきっかけになったのは純正品との価格差です。

「プリンターのメーカーは本体を安く売ってインクで儲ける」と良く言われます。

確かに純正のインクは高く、何度か買い替えるとインク代の累計と本体の値段が変わらなくなります。

そんな純正インクから互換インクに変更すると、純正インクの6割から7割くらいの値段で購入できます。

インク代を節約したくて色々と調べて出会ったのがインク革命の互換インクです。

インク革命は初回購入限定で全額返金保証があります。

これは初回購入時から30日以内に実際使用してみて、結果に満足できれば全額返金という制度です。

全額返金キャンペーン|インク革命.COM

また商品購入から1年間の保証期間があり、返品や交換をすることができます。

ダブル保証で充実のサポート体制|インク革命.COM

このように保証もしっかりしていたので、お試しのつもりで購入し印刷してみました。

印刷後、仕上がりを確認すると互換インクでの印刷は純正インクでの印刷とほぼ変わりませんでした。

というか僕は純正品との違いが全く分かりませんでした。

コスパ抜群!

その時からずっとプリンターのインクはインク革命で買っています。

今のところ一度もトラブルがありません。

発送も早い

インク革命は夜19時までに申し込めば即日発送してくれて、翌日には届きます(一部地域を除く)。

僕は山口県在住ですが12月18日に申し込んで、その日に東京から発送され12月19日の夕方にはちゃんと届きました。

欲しい時に素早く手に入るのも嬉しいポイントです。

しかも今年の7月20日からは発送方法にネコポスが追加されました。

ネコポスはクロネコヤマトが行っているサービスで、手渡しではなく自宅のポストまでの配達になるんですが、その分送料が安くなっています。

宅急便が540円なのに、ネコポスは270円。

宅急便の半額です。

また4,000円以上購入すれば、ネコポス代は無料になります。

商品の品質も良く、発送も早く、送料も安い。

互換インクのメーカーは色々ありますが、僕は浮気せずにずっとインク革命を使っています。

もし今、互換インクを探していらっしゃる方がおられたら、僕は自分の経験から「インク革命」の互換インクをお勧めします。



さあ、今年はどんな年賀状にしようかな♪

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました