なぜ歩道を塞ぐ

雑記

こんにちは、ゆんつです。

この前こんな出来事がありました。

僕が歩道を歩いていると、60代くらいの女性が歩道で3人で楽しそうに立ち話をしています。

楽しそうに話をしているのはいいのですがトライアングルになって話しているので、それほど広くない歩道をその3人が完全に塞いでいるのです。

歩道で集団でおしゃべりをする人

こんな場合かまわず直進するとか、一言物申すなんて強気な人もいるかもしれませんが、僕にはできません。

ゆんつ
ゆんつ

ゆんつ様のお通りだい!

一旦歩道から降りて車道に出るしかありません。

一旦車道へ

僕が車道に出て一団の横を通過している時も、その3人は楽しそうにキャッキャ言いながらおしゃべりに夢中になっていました。

その一団を追い越して歩道に戻り後ろを振り返ると、僕の後ろを歩いていた人もその3人を追い越すために僕と同じように車道にいったん出て歩道に戻っていました。

普通そんな状態なら3人のうちの誰かが気づいて「あっ、邪魔になってるから、もっと端っこに寄りましょう」と言って歩道の一部を空けても良さそうなもんですが、全くそんな素振りはありませんでした。

なぜ歩道を塞ぐのか?

こういうケースに限らず、人に歩道を塞がれるケースに遭遇することって誰にでもあると思います。

首都圏で働いている時に僕が良く遭遇したケースは、お昼時に前を歩いている集団が横一列になっていて道を塞がれるというケースです。

昼の12時になるとオフィスビルからは昼食を食べるために人が一斉に出てきます。

同じ会社の仲が良い人同士で昼食を食べに行くので、並んで喋りたい気持ちはわかります。

2人くらいなら並んでも問題ありません。

これが3人、4人で横並びになると、歩道は塞がれてしまいます。

4人の場合2×2になれば道を塞ぐこともないのに絶対にそれをせず、かたくなに横並びにこだわる人たちというのが存在するのです。

なんで横並びにならないといけないんでしょうか。

「会員は必ず横並びで歩いて親睦を深めること」をモットーとする「日本横並び協会(NYK)」というような秘密結社でもあるのでしょうか?

僕は自分が道を塞がれるのが好きではないので、複数人で歩いていて横並びになって道を塞ぎそうなときは必ず自分が一段下がります。

そうすれば、そこに追い越したりすれ違ったりできるスペースが生まれるのです。

歩道を塞がないようにしましょうよ

横並びになったり集団になって歩道を塞ぐのはやめましょうよ。

僕は「迷惑をかけるつもりで迷惑をかけている人」よりも「迷惑をかけているつもりがなくて迷惑をかけている人」のほうが質が悪いと思います。

横並びや集団になって歩道を塞ぐ人っていうのはまさにこれです。

歩道を塞がないことは、そんなに難しいことじゃないと思います。

時々周りを見まわして「自分たちが道を塞いでるな」と思ったら、気づいた人が少しだけ移動してスペースを作れば良いだけなのです。

僕も気を付けるので、歩道を塞ぐのはやめましょうよ。

ところでふと思ったんですが、歩道を横一列で歩いたり、歩道をふさぐような形で集団でおしゃべりしたりしていて、それをよけるために車道に出て事故に遭ったりした場合。

法律的にはどうなるんでしょうかね?

「歩道から出た方が悪い!」となるのか「歩道を塞いだ方が悪い!」となるのかどっちなんでしょうか?

まあ僕は法律家じゃないので解りませんが。

ゆんつ
ゆんつ

法律以外もわかりませんが

それでは、またですー。

コメント