仏壇が燃えていた

雑記

こんにちは、ゆんつです。

つい先日の事です。

僕は、1人暮らしをしている祖母の家で掃除などを手伝っていました。

僕が風呂場の掃除をしていると

「ゆんつ、ちょっと来てー!火事火事!」

という祖母の悲鳴。

風呂場のバケツに水を一杯入れて祖母の声のする仏間に行ってみると、仏壇から小さな火の手があがっています。

仏壇全部が燃えているわけではありません。

仏壇の造花やその周囲が燃えているのです。

幸いなことにまだ火は小さくボヤ程度だったので、すぐに水をかけて自力で直ぐに消し止めることが出来ました。

原因

出火の原因は

「傾いた造花がロウソクの火にあたって引火」

したことでした。

祖母は仏壇に生花ではなくプラスチック製の造花を活けていました。

その造花は仏壇の花瓶よりも大分背丈が長く、そのままの状態で仏壇の花活けに挿すと斜めに傾いていたらしいのです。

ですので祖母はテープで造花と花瓶をくっつけて、そのままでは傾いてしまう造花を立たせていました。

ゆんつ
ゆんつ

全然仏壇の花を見ない僕は

それに全く気付いていませんでした

これまでは、この状態で何も起きませんでした。

ところがその日、造花と花瓶をくっつけていたテープがいつの間にか剥がれていました。

造花は大きく傾きます。

しかもその時、お線香をあげた後のロウソクを消していませんでした。

傾いた造花の先がロウソクの炎に接触して火が燃え移り今回のような事態となりました。

幸いなことに祖母は仏間の近くで片づけをしていたので、造花が焼ける臭いにすぐ気づいて仏壇を確認して大声で僕を呼んでくれたので、火が小さいうちに簡単に消し止めることが出来ました。

ゆんつ
ゆんつ

危ない危ない

もう仏壇で火は使わないことになりました

今回の出来事を機に、祖母が一人の時は仏壇でお線香をあげることをやめてもらうことにしました。

祖母もとても怖かったようで「もう仏壇で火を使うのは止めておく」とあっさりと同意してくれました。

電気式の燈明があるので、普段はそれをロウソクの代わりにすることにしました。

今では祖母が一人の時はお線香をあげずに、手を合わせるだけになっています。

今回仏壇がちょっとした火事になったことで実感したのは、仏壇には「火事になりやすい要素が揃っているなあ」ということです。

そもそも仏壇が木製ですし、ロウソク、マッチ、プラスチック製の造花、仏壇の周りには紙袋に入ったお供え物があったりもします。

少しのきっかけで火事になる材料が沢山あるのです。

普段から十分に火事の注意をしておかないといけない場所だというのに改めて気づかされました。

ところでこの小さな火事を消し止めた後。

祖母はすぐに仏壇にむかって手を合わせ「大火事にならずに済みました。おじいさんありがとう、ありがとう」と言っていました。

ゆんつ
ゆんつ

あの・・・

火事を消したのは爺ちゃんではなくて僕なんですが・・・

まあ、いいや。

とにかく皆さんも、仏壇の火事には十分気をつけてください。

Amazon.co.jp: モリタ宮田工業 エアゾール式簡易消火具 FIRE CUT FC400D: DIY・工具・ガーデン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、モリタ宮田工業 エアゾール式簡易消火具 FIRE CUT FC400DをDIY・工具・ガーデンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

それでは、またですー。

コメント