チューブは切って最後まで!

雑記

こんにちは、「もったいないお化けの」ゆんつです。

チューブ入りの歯磨き粉やハンドクリームが無くなりかけた時。

力を入れてギューギューとチューブを絞って、最後の最後まで中身を押し出すのは誰でもやると思います。

ほとんどの人はここまでやって捨ててしまいます。

でも僕はここから更に使います。

実は押しても出なくなったぺちゃんこの状態のチューブでも、中にはまだ結構な量のクリームが残っています。

ですので僕は切って使うのです。

スポンサーリンク

こんなにあるよ

これは僕が使っているハンドクリームです。

チューブを押しても出なくなったハンドクリーム

渾身の力でチューブを押してももう中身は出てきません。

でもチューブを切ってみると

真ん中から切ったチューブ

見えにくいかもしれませんが、中にはまだ結構クリームが残っています。

ゆんつ
ゆんつ

あと1週間分以上は残ってます

ですので、切ったチューブの中に指を突っ込んで、チューブの内側にへばりついているクリームまで全部使ってからようやく捨てるのです。

このように歯磨きやハンドクリームなどが手で押しても全くでなくなった時はチューブを切ると、たいてい内側に数回分のクリームがついています。

使わない手はありません。

注意すべきポイントは

切り口はラップや袋で包んでおくこと

です。

チューブの切り口をラップで包んで乾燥防止

切り口から空気が入って中身が乾燥しやすくなるので、切り口の部分をラップや袋で覆ってチューブの中のクリームが乾燥するのを防ぎます。

こんな感じで僕はチューブ状の入れ物に入ったもの(歯磨き粉、ハンドクリーム、マヨネーズ、ケチャップなど)は最後の最後まで全部使うのです。

最後まで使うと気持ちが良い

ここまで使うと捨てるときに何のためらいもありません。

完全に使い切っているからです。

貧乏くさい方法かもしれませんが、物を最後まで使うというのはとても大切なことだと思います。

僕は小さいころから祖母や母親がこうやって物を使っていたので、これが当たり前の事だと思っています。

もし今、チューブを切らずに捨てている人がいたら。

切って中身を最後まで使うようにすると、少しだけ節約になると思いますし、地球にも優しいと思います。

ゆんつ
ゆんつ

切るときに怪我しないように気を付けてね

もし切らずに捨てていると、もったいないお化けが来るかもしれませんよ。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました