2019年でもWindows10への無償アップグレードはできるのか?

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

2020年1月14日。

Windows7のサポートが終了します。

僕の家にもまだWindows7のパソコンが1台あります。

Acerというメーカーの「Aspire AS5750」という機種です。

2011年3月発売Aspire AS5750

Aspire AS5750のスペック表

Windows7の画面

2011年3月に発売された機種で、現在はほとんど使っていません。

2015年7月29日~2016年7月29日までの1年間、Windows7 SP1やWindows8.1のユーザーはWindows10に無償でアップグレードできる機会がありました。

でも、その時はこのパソコンをアップグレードしませんでした。

ただし、上記の期間が過ぎたら無償でアップグレードできないのかと言うとそうではありません。

公式にアナウンスはされていないようですが、Windows10の無償アップグレードは上記の期間を過ぎてもできるようで、僕は実際に去年(2018年7月)にこれとは別のWindows8のパソコンを無償でWindows10にアップグレードしました。

Windows8.1をWindows10に無償アップグレードしてみた
こんにちは、ゆんつです。 僕が普段ブログの更新などに使っているパソコンはASUSと言うメーカのZENBOOK UX32LNというノートパソコンです。 僕がこのパソコンを買ったのは2014年の秋ごろのことでした。 パ

どうせなら家にあるパソコンは全部Windows10にしておきたいので、2019年でもまだWindws10への無償アップグレードが出来るのかどうかの確認も兼ねて、この約8年前のWindows7のパソコン能力Windws10へのアップグレードに挑戦してみたいと思います。

ゆんつ
ゆんつ

やるぞ!

スポンサーリンク

スペックの確認

Windows10へのアップグレードの要件

プロセッサ1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC
RAM(メモリ)1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハードディスクの空き容量16 GB (32 ビット OS) または 20 GB (64 ビット OS)
グラフィックス カードDirectX 9 以上および WDDM 1.0 ドライバー
ディスプレイ800 x 600

 

このPCの構成

プロセッサCore i5 2410M 2.3GHz/2コア
RAM(メモリ)4GB(64ビット)
ハード ディスクの空き容量200GB以上ある
グラフィックス カードDirectX 11 で WDDM 1.1 ドライバー導入済み
ディスプレイ1366×768
ゆんつ
ゆんつ

全部満たしてますね

要件の簡単な調べ方

上記の要件を簡単に調べるにはスタートボタンを押したら下の方に表れる入力欄に「dxdiag」と入力してEnterキーを押下します。

するとDirectX診断ツールが起動するので、その診断ツールの中に記載されている情報により要件を満たしているかどうかの確認することが出来ます(ハードディスクの空き容量はエクスプローラーで確認します)。

システムタブ
DirectX診断ツールのシステム画面

ディスプレイタブ
DirectX診断ツールのディスプレイ画面

大事なデータのバックアップを忘れずに!

アップグレードの作業前に万が一に備え、パソコン内の重要なファイルは外付けのハードディスクにバックアップしておきました。

以前、別のパソコンをバックアップせずにアップグレードして大変な目にあいましたからね。

データを救出せよ
こんにちは、ゆんつです。 先日Windows8.1だったASUSのノートパソコンUX32LNをWindows10に無償アップグレードしました。 Windows10になって起動が少し早くなり、画面も8.1より見やすいので喜
ゆんつ
ゆんつ

あの時は大変だった・・・

アップグレード開始

Window10のアップグレードに必要なMediaCreationToolをダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

MediaCreationToolのダウンロード

MediaCreationToolのダウンロードが終了したら実行します。

MediaCreationToolの実行

実行後は基本的に「同意」とか「承諾」を選んでいくとインストールが進んでいきます。

途中で

「Microsoft Security Essentials」というソフトはWindows10と互換性がないためアンインストールしなさい

というメッセージが出たので、コントロールパネル→プログラムと機能から「Microsoft Security Essentials」を右クリックしてアンインストールし、アンインストール後に「情報を更新」をクリックして再びインストールを続行。

Microsoft Security EssentialsはWindows10と互換性が無い

これ以降は特に何のトラブルもなくアップグレードが完了しました。

アップグレード完了までの所要時間は約3時間。

無事にWindows10への無償アップグレード完了です。

Windows10へアップグレード後のデスクトップ画面

Windows10へアップグレード後のシステム画面

ゆんつ
ゆんつ

Windows7の頃よりも少しだけ

動作が軽快になった気がします

2019年5月現在でもWindows10への無償アップグレードは可能だった

というわけで、2019年5月末現在でもWindows10への無償アップグレードは何の問題もなく可能でした。

もし皆さんの家にまだWindows7のパソコンがあったら。

2020年のサポート切れの前に、Windows10への無償アップグレードを検討してみてはいかがでしょうか。

ゆんつ
ゆんつ

アップグレードの際は

くれぐれも自己責任でお願いします

それでは、またですー。

やってみた
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました