「サッポロ一番 レモスコ味 塩焼きそば」食べてみました

食品

こんにちは、ゆんつです。

「レモスコ」って皆さん聞いたことありますか?

ゆんつ
ゆんつ

僕はありません

「レモスコ」はヤマトフーズという会社が製造している広島県のご当地調味料で

レモンの果汁と皮、酢、唐辛子、藻塩を絶妙なバランスでブレンドした
「すっぱい・辛い・旨い」の新感覚辛味調味料。

ヤマトフーズのWEBサイトより引用

なのだそうです。

ゆんつ
ゆんつ

タバスコのレモン味バージョン

みたいな感じなんですかね

そんなレモスコの味わいをイメージしたカップ焼きそばがサッポロ一番から2019年5月20日に発売されました。

それが「サッポロ一番 レモスコ味 塩焼きそば」です。

サッポロ一番レモスコ味塩焼きそばパッケージ

今日は「サッポロ一番 レモスコ味 塩焼きそば」を食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

レモスコが使われているわけでは無い

商品のパッケージには

焼きそばにレモスコが使われているわけではありません

本製品はレモスコの味わいをイメージしたカップめんです。レモスコを使用した商品ではありません。

と書かれています。

レモスコを実際に使っているわけじゃなくて

レモスコ風の味付けがしてあるということだね

栄養成分表示等

栄養成分表示

サッポロ一番レモスコ味塩焼きそばの栄養成分表示

熱量477kcal
たんぱく質9.5g
脂質23.1g
炭水化物57.8g
食塩相当量4.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム214mg

含まれるアレルギー物質

サッポロ一番レモスコ味塩焼きそばに含まれるアレルギー物質

小麦乳成分ごま大豆鶏肉豚肉

食べてみよう

フタを開けると中には調味油と特製粉末ソースが入っています。

フタをめくった状態

特製粉末ソースと調味油

かやくはキャベツとピーマン。

熱湯を入れて3分経ったら湯切りをして、付属の調味料と特製粉末ソースを入れて混ぜ混ぜ。

特製粉末ソースと調味油をいれてまぜまぜ

混ぜているだけでレモンの香りが辺りに漂ってきます。

ゆんつ
ゆんつ

いただきまーす

ズルズル

麺をすすると、まず口の中に爽やかなレモンの香りが広がり、同時にわずかな酸味が口の中に広がっていきます。

そしてレモンの香りと酸味の後にピリッとした辛みが追っかけてきます。

酸味は鼻にツーンと来る酸味では無く、鼻からスーっと抜けていくようなレモン風味の爽やかな酸味です。

そして辛さの程度ですが「ピリ辛」といった感じで、誰でも食べられる程度の程よい辛さになっています。

レモンの酸味と唐辛子の辛さが合わさって、まさに「すっぱ辛い」味付けになっています。

麺のまわりには調味油がついていて程よいオイル感があるのですが、そのオイル感をレモンの風味と酸味が程よく調節してくれてしつこさを感じません。

麺は細麺ですがコシがあります。

コシのある麺

この焼きそば、結構美味しいです。

ゆんつ
ゆんつ

美味い

すっぱさと辛さの加減が丁度良く、どんどん食べたくなる後を引く美味しさがありながら、すっぱ辛さのおかげで後味もサッパリしている焼きそばに仕上がっています。

だだ1つ欠点を言うなら「かやく」が少ないです。

ゆんつ
ゆんつ

キャベツとピーマンが

ちびっとしか入ってません。

でもかやくが少ないことを差し引いても、味付けは酸味と辛みのバランスが良くて美味しいので、食べて損のない焼きそばだと思います。

これから暑くなる季節に向けてぴったりの爽やかな焼きそばでした。

スーパーで120円くらいで売ってるので、もし興味があったら試してみてください。

それでは、またですー。

食品
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました