「たのまな」で「Adobe Creative Cloud」の12か月利用権をお得に手に入れる方法

PC

こんにちは、ゆんつです。

ブログを運営していると、ブログに使用する画像を編集したり、イラストを描いたり、動画を掲載する場合には動画編集なども必要になってきます。

画像編集や、イラスト作成、動画編集はフリーソフトでも行えますが、やはり有償のソフトの方が使いやすいものが多いです。

そんな有償のソフトの中でもAdobeの「Photoshop(画像編集)」や「Illustrator(イラスト作成)」、「Premire Pro(動画編集)」は、歴史があるソフトだけあって多機能でとても使いやすいです。

Adobeのソフトは「Adobe Creative Cloud」というサブスクリプションに加入することで、Photoshop、Illustrator、Premire Proだけでなく、20種類以上の便利なアプリを定額で使用することができるようになります。

ただし、Adobe Creative Cloudのサブスクリプションは普通にAdobeのサイトから加入するととても高いです。

Adobeのサイトから加入する場合のAdobe Creative Cloudの価格

2021年6月現在のAdobe Creative Cloudの1年間のサブスクリプションの価格は

  • 年間プランの月払い⇒6,248円/月
  • 年間プランの一括払い⇒72,336円/年

です。

ゆんつ
ゆんつ

高いなぁ

でも、この金額を安くする方法もあります。

それは、

教育機関が主催しているAdobeの通信講座を通してAdobeのサブスクリプションに加入する

という方法です。

例えば「たのまな」というヒューマンアカデミーが行っている通信講座には、Adobeの通信講座の通信講座があります。

たのまなのAdobe通信講座

たのまななら、「1か月のアドビオンライントレーニング通信講座」に「Adobe Creative Cloud」の12ヶ月分の利用権(サブスクリプション)」がついて39,980円で受講することができます(2021年6月30日までのキャンペーン)

なぜ「講座」を受講するだけでこれだけも安くなるのかというと、AdobeではAdobe製品の使い方を教える機関を「アドビスクールパートナー」というものに認定しています。

その認定を受けた機関の講座を受講する受講生は「Adobe Creative Cloud(通常版)」よりもお得な「Adobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)」というライセンスを購入できるようになっているからです。

「通常版」でも「学生・教職員個人向けライセンスプログラム」でも「Adobe Creative Cloud」で使用できる機能は同じ。

ほー

Adobeの認定を受けた通信講座の学生になるだけで、通常版と同じものがお得に使えるのです。

というわけで、今日は

「たのまな」で「Adobe Creative Cloud」の12か月利用権をお得に手に入れる方法

について書きたいと思います。

通信講座に申し込む

「たのまな」のWEBサイトにアクセスします。



「オンライントレーニング通信講座1か月視聴+Adobe Creative Cloud 学生・教職員個人版12ヶ月」という講座を探して「お申込みはコチラ」ボタンをクリック。

講座への申し込み

「お申込み注意事項」という画面になるので、注意事項をよく読んでチェックボックスにチェックを入れ、「お申込み手続きを行う」ボタンをクリック。

お申込み注意事項

「カゴ画面」になるのでカゴの中に入っている商品を確認し「購入手続きに進む」ボタンをクリック。

カゴ画面で商品の確認

「レジ画面」になるので、氏名や住所などの個人情報の入力や支払方法を選択します。

レジ画面で個人情報の入力と支払方法を選択

支払方法には

・クレジットカード決済
・銀行振込(みずほ銀行)
・オリコ教育ローン
・Amazon Pay

がありました。

個人情報の入力や支払方法の選択が終わったら「次へ」ボタンをクリック。

レジ画面になるので、領収書が欲しい場合は「ご要望等がありましたらご記入下さい」という欄に「領収証希望」と記入し、「交換・返品・キャンセル」や「個人情報の取扱」についての同意のチェックボックスがあるのでチェックを入れて「次へ」をクリック。

レジ画面で要望欄への記入やキャンセルや個人情報の取扱いについての確認を行う

領収証に関しては「たのまな」のQ&Aに詳しく書かれていますので、そちらもご参照ください。

ヒューマンアカデミー「たのまな」|通信講座アカデミックストア よくあるご質問
DTP・Webデザイン・映像編集を学ぶならアドビトレーニング通信講座

「入力確認」の画面になるので、注文内容やこれまでの入力内容が表示されるので確認し、間違いがなければ「この内容で注文する」ボタンをクリック。

入力確認画面で注文内容や入力内容の確認

「完了」画面になり、注文が受け付けられます。

注文完了画面

「Adobe Creative Cloud」の引き換えコードや「オンライントレーニング」のID・パスワードは申し込んだ日から3~7営業日にメールにて案内があるようです。

商品が届きました

申し込みから3営業日後に、商品一式が圧縮されたzipファイルが添付されているメールが届きました。

zipファイルはパスワードがかけられており、そのパスワードが記載されたメールも同時に届きました。

パスワードがかかったzipファイルの中身は

・「オンライントレーニング」の ID・パスワードが記載されたPDFファイル
・「Adobe Creative Cloud」の使用開始手順が記載されたPDFファイル
・「Adobe Creative Cloud」の引き換えコードが記載されたテキストファイル

でした。

送られてきたZIPファイルの中身

この「引き換えコード」を使うことで、「Adobe Creative Cloud」の12か月分のサブスクリプションに加入することができます。

「Adobe Creative Cloud」を利用できるようにする

早速、たのまなから送られてきた手順書に従って「Adobe Creative Cloud」を利用できるようにします。

手順書に記載されていた専用サイトのURLにアクセスします。

ゆんつ
ゆんつ

Adobe IDが無い場合は、ここでIDの作成が必要になります

所属する教育機関などを入力するフォーム画面になります。

Creative Cloudメンバーシップコードの引き換え

入力する内容などは「Adobe Creative Cloud」の引き換えコードが記載されているテキストファイルにかかれています。

フォームに入力する内容

ただしテキストファイルとは少しだけフォームの内容が違っている箇所もありました。

テキストファイルにはフォームにある「専攻分野」をどれにしたらいいか記載がありませんでした。

またテキストファイルに記載されている「学校の電子メールアドレス」という項目は、フォームには存在しませんでした。

フォームをテキストファイル通りに入力し、記載がなかった「専攻分野」は「デザイン、WEB、マルチメディア」を選択しました。

送られてきたテキストファイル通りにフォームを入力する

フォームの入力が完了したら「続行」ボタンをクリック。

すると「引き換えコード」の入力画面になるので、テキストファイルに記載されていた「引き換えコード」をまるっとコピペします。

「引き換えコード」を入力

コピペしたら「コードを引き換え」ボタンをクリック。

これでサブスクリプションが有効になり「Adobe Creative Cloud」が12ヶ月利用できるようになりました。

サブスクリプションが有効になりAdobeのソフトが使えるようになる

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

あとはAdobeのソフトを思う存分使うだけです!

オンライン講座も受講できました

送付されてきたオンライン講座のIDとパスワードで、たのまなのオンライン講座も受講することができました。

受講期間は開始から1か月。

「Adobe Creative Cloud」に含まれる各種ソフトの初歩的な使用方法について、動画で学ぶことができます。

初心者向けなので解説が丁寧でわかりやすいです。

かなりお得です!

というわけで、「たのまな」でお得に「Adobe Creative Cloud」の12か月のサブスクリプションいお得に加入することができました。

AdobeのサイトからAdobe Creative Cloudを申し込むと72,336円で、たのまなの講座を受講すれば39,980円。

差し引き32,356円のお得!

ゆんつ
ゆんつ

お得すぎる!

数百円くらいの差ならどちらで申し込んでもいいでしょうが、ここまで金額に差があると通信講座を申し込んでAdobeのサブスクリプションに加入したほうが圧倒的に得です。

僕が今回申し込んだ「たのまな」では、2021年6月30日まで「スペシャルプライスキャンペーン」をやっています。



「Adobe Creative Cloud」の1年間お得に使いたい場合。

「たのまな」の通信講座への加入を検討してみてもいいかもしれません。

それでは、またー。

コメント