メロディーレーンの兵庫特別回顧

競馬

こんにちは、ゆんつです。

2020年7月5日(日)

阪神競馬場9レース「兵庫特別」にメロディーレーンが出走しました。

勝ったのは3歳馬のロールオブサンダー。

2着も3歳馬のヒートオンビート。

メロディーレーンは3着!

ゆんつ
ゆんつ

頑張った!

1,2着となった3歳馬2頭には引き離されましたが、最後までしぶとく伸びて根性で3着を確保しました。

今日はメロディーレーンの「兵庫特別」を振り返ります。

今日の馬体重

今日のメロディーレーンの馬体重は344kgで、前走の天皇賞からは4kg体重が増えていました。

たった4kgですが、馬体重が増えていたのはとてもいいことだと思います。

ゆんつ
ゆんつ

僕の脂肪を分けてあげられたらいいのに・・・

いらねーよ

レース回顧

スタートはまずまず。

スタート後ゆっくりと下げて定位置の後方からレースを進めます。

勝ち馬のロールオブサンダーが逃げてレースを作ります。

レースのラップは以下の通り。

前半よりも後半の方が2秒2速いスローペースでレースは流れていきます。

勝負処の3コーナー過ぎからジョッキーが仕掛け始め、外を回って徐々に前の集団との差を詰めていきます。

4コーナーを回る時には7,8番手あたり。

直線に入ると逃げるロールオブサンダーはさらに後続との差を広げていきます。

それを追うのは同じく3歳馬のヒートオンビート。

メロディーレーンも外を通って追いあげますが、あまり手ごたえが良いようには見えず先頭との差が詰まりません。

それでも直線では止まることなくジリジリと伸びてきて、ゴール手前でショパンを交わして3着でゴールイン!

勝ち馬と2着馬には完敗の内容でしたが、僕はあまり悲観していません。

というのもレースはスローペースでしたし、今週の阪神競馬場の芝のレースは前に行った馬がそのまま残るレースが目立ったからです。

前有利の馬場状態だったことを考えると、後ろからレースをすすめて3着までこれたのはこの馬の力の証明だったと思います。

もう少し差しが届く馬場になってくれていたら、もうちょっと差を詰められたんじゃないかなと思います。

勝ち馬と2着馬には離されてしまいましたが、最後まで根性を見せた良いレースだったと思います。

お疲れ様でした

2か月ぶりのレースを3着とまずまずの結果で終えることができました。

ゆっくり休んで、次のレースに備えて欲しいと思います。

次にどのレースを走るのかはまだわかりませんが、次回のレースも応援します。

レースの結果はどうあれ、勝負処で大きな馬たちの外を回ってちっこいメロディーレーンが食らいついているのをみるだけで胸がわくわくします。

今回のレースも楽しかったです。

メロディーレーンが小さい体で戦っているのをみると

ゆんつ
ゆんつ

僕も頑張らないと!

といつも思えます。

次のレースを楽しみに待ちたいと思います。

ところで馬券は?

ゆんつ
ゆんつ

単勝だから外れた(笑)

それでは、またー。

コメント