画面内に動画を複数並べる

Premiere Pro

こんにちは、ゆんつです。

「Adobe Premire Pro」を使って動画の編集をしているとき。

画面内に動画を複数並べたい場合があります。

1つの画面内に複数の動画を並べる

ゆんつ
ゆんつ

比較動画を作るときとかね

テレビでも良くあるよね

なんとなく難しそうな感じがしますが、Premire Proなら、とても簡単に画面内に複数の動画を並べることができます。

今日は

Adobe Premire Proで1つの画面に複数の動画を並べる方法

について書きたいと思います。

1つの画面内に動画を複数並べる

1つの画面内に、複数の動画クリップを並べる手順です。

表示したい動画をタイムラインに配置

まずは1つ目の動画を、タイムラインに配置します。

1つ目の動画をタイムラインに配置

配置したクリップを選択して「エフェクト」をクリック

タイムラインに配置した動画をクリックして選択し、「エフェクト」をクリックします。

クリップを選択してメニューバーからエフェクトをクリック

スケールで動画のサイズを調節する

エフェクトコントロールのパネルが現れます。

エフェクトコントロールのパネル

その中に「スケール」という項目があります。

デフォルトは100(画面いっぱい)になっているので、この数値を小さく調節して動画のサイズを小さくします。

スケールの数値を小さくして動画の大きさを小さくする

動画のスケールを小さくしてプログラムパネルで確認してみると、画面内の動画のサイズが小さくなっているのがわかります。

スケールを小さくすると画面内の動画の大きさが小さくなる

動画を移動する

1つの画面に動画を並べて配置できるように、動画の位置を移動します。

プログラムパネルでクリップの部分をダブルクリックします。

クリップをダブルクリックすると、クリップを移動できるようになる

するとマウスを使って、その動画の位置を移動したり回転させたり、サイズを変更することができるようになります。

クリップが移動できる状態になると周囲に青い枠が表示される

ドラッグ&ドロップで自分の好きな位置に動画を移動させたら1つ目の動画についての作業は完了です。

動画を好きな位置に移動する

※クリップの位置はエフェクトコントロールパネルの「位置」でも変更できますが、ドラッグ&ドロップの方がやりやすいです。

他の並べたい動画をタイムラインに追加する

1つ目の動画に重ねるような形で、並べたい動画を追加します。

2つ目の動画をタイムラインに追加

最初の動画と同様の方法で、動画のサイズと位置を変更する

あとは、先ほどと同様に

  • スケールの変更
  • 位置の変更

を行い、動画を好きなように並べてあげればいいだけです。

スケールを変更して、画面内に動画を並べる

このような感じで、動画のサイズと位置を調節することで1つの画面内に複数の動画を配置することができます。

以上が1つの画面の中に複数の動画を並べる方法です。

4つの動画を1つの画面に均等に配置する

4つの動画を、1つの画面に隙間なく均等に表示したい場合。

まず、全ての動画のスケールを50に設定します。

そして「表示」→「プログラムモニターをスナップイン」にチェックを入れます。

これにより動画をマウスで移動させると、画面の4隅に吸い付くような感じになります。

この状態でプログラムモニタ内の各動画をダブルクリックして、左上、右上、左下、右下にそれぞれ動画を移動すると、それぞれの動画は4隅を基準に隙間なく配置することができます。

きれいに4分割されたね

まとめ

以上が、Adobe Premire Proで1つの画面内に複数の動画を表示する方法です。

エフェクトコントロールのスケールで、各動画を小さくして並べる

だけで、簡単に実現できるので、比較動画などを作る際には試してみるといいかもしれません。

動画作成のお役に立てば幸いです。

それでは、またー。

コメント