Photoshopで手軽に省略線を作る!

Photoshop

こんにちは、ゆんつです。

何かの説明をするとき。

文章だけでなく画像があると、その説明はより一層わかりやすくなります。

ただし、その画像が大きい場合。

ゆんつ
ゆんつ

画面全体のキャプチャのような場合です

皆さんはどうしていますか?

例えば、以下のような画像でヘッダー部分とフッター部分だけを説明したい場合で真ん中の部分は必要が無い場合。

上部と下部だけ必要な画像

そのまま画像を貼るよりも、真ん中の不要な部分は省略して画像の大きさを小さくして貼れば、画像のファイルサイズも小さくなりますし、見ている人も見やすくなります。

そのような場合に、必要となるのが「省略線」

省略線

画像の不要な部分を削除して、削除部分に省略線を置くことで、画像の大きさもコンパクトになりますし、見ている人も省略線で省略した部分は不要であることが解ります。

Photoshopでは、この省略線をあっという間に作ることができます。

今日は

Photoshopを使った省略線の作り方

について書きたいと思います。

省略線の作り方

まず、ツールボックスで「正方形ツール」を選択し、「塗り」の色と「線」の色と太さを選択します。

長方形ツールを選択し、塗と線を設定

そして長方形ツールで、キャンバスから少しはみ出すくらいの勢いで長方形を描きます。

マウスをドラッグして長方形を描く

長方形ツールで描かれた長方形

長方形を描いたらメニューバーから「フィルター」⇒「変形」⇒「波形」をクリック。

波形フィルターを選択

メッセージが現れるので「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。

「スマートオブジェクトに変換」をクリック

「波形」というダイアログが現れます。

ここで省略線の波形を作成していきます。

まず種類は正弦波を選択し、波数は「1」に設定します。

波長は「1つの波の長さ」を設定するもので、数値を変更するとプレビューに反映されるので、プレビューを見ながら自分の好みの数値にしてください。

振幅は「1つの波の高さ」を設定するもので、これも数値を変更するとプレビューに反映されるので、プレビューを見ながら好みの数値にしてください。

比率は、それまで設定した波の微調整を行う項目ですが、基本的に100%のままでOKです。

コツとしては振幅の最大値を先に変更して波の高さを決定し、その後で波長を設定するとやりやすいかもしれません。

数値をいじりすぎて、いったん初期値に戻したい時はキーボードの「CTRL」を押すと「初期設定」というボタンが現れるので、それにより初期値に戻ります。

キーボードのCTRLで初期設定ボタンが現れる

初期設定ボタンで初期値に戻る

今回以下のような数値を設定してみました。

種類正弦波
波数1
波長最少10 最大300
振幅最少5 最大35
比率共に100%

すると以下のような省略線となります。

完成した省略線

省略線の使い方

先ほどは省略線を作っただけで、まだ画像の不要な部分を取り除いていません。

ですので、より実践的に余計な部分を省いて、そこに省略線を置いてみましょう。

今回は画像のヘッダー部分とフッター部分だけあればいいので、まずフッター部分を切り取ります。

必要な部分を切り取る

必要な部分を切り取る

そして切り取ったレイヤーを貼り付けて、位置を調節します。

切り取ったレイヤーを貼り付けて、位置を調節

先ほどの要領で省略線を作成し、画像のつなぎ目部分に設置します。

省略線を作成し、画像のつなぎ目部分に設置

切り抜きツールで必要な部分だけを切り抜きます。

切り抜きツールで必要な部分だけを切り抜き

最後に画像を切り出すと、余計な部分を省略し、省略線でカバーした画像が出来上がります。

省略線がある画像の完成!

まとめ

以上がPhotoshopを使った簡単な省略線の作成方法と、具体的な使い方です。

まとめると

長方形ツールで長方形を描き、波形のフィルターをかける

だけで省略線は完成します。

慣れると1分くらいで出来るようになるので、覚えておくと何かの役に立つかもしれません。

それでは、またー。

コメント