iTunes経由でiOSをアップデートしたときに4000エラーが出たときの改善策

iPhone 11

こんにちは、ゆんつです。

つい先日の事です。

PCでiTunesを起動した状態でiPhoneをPCに接続したところ、iOS(14.6)へのアップデートのメッセージが現れました。

iOSのアップデートメッセージ

 

ゆんつ
ゆんつ

アップデートしとくか

そう思った僕は、アップデートボタンをクリックしてiOSをアップデートすることにしました。

パスコードを入力し

パスコードの入力メッセージ

バックアップを暗号化するかどうかを選択すると、アップデートが始まりました。

バックアップを暗号化するかどうかの選択

少し待っていると、iTunes上に

iPhoneをアップデートできませんでした。不明なエラーが発生しました(4000)

というメッセージが現れて、アップデートに失敗!

4000エラー

ゆんつ
ゆんつ

何でだろ?

4000エラーの原因について調べてみましたが、エラーの原因はメッセージの通り「不明」。

でも原因は不明でしたが、改善策はいくつか見つかりました!

そして、その1つを実行すると、無事にアップデートすることができました。

今日は

iTunes経由でiOSをアップデートしたときに4000エラーが出たときの改善策

について備忘録として書き残しておきたいと思います。

パスコードをオフにする!

iTunes経由でのiOSのアップデートで4000エラーが改善した方法。

その方法はズバリ

パスコードをオフにする

という方法です。

パスコードというのは、iPhoneの画面ロックを解除したりするのに必要となる数字です。

ゆんつ
ゆんつ

皆さんおなじみのやつです

これを「オン」⇒「オフ」にすることで、4000エラーが出ずにアップデートが成功するようになりました!

オフにする手順

パスコードをオフにする手順ですが、iPhoneの「設定」アプリから「Face IDとパスコード」をタップします。

「設定」アプリから「Face IDとパスコード」をタップ

パスコードの入力画面になるので、パスコードを入力します。

パスコードの入力

「Face IDとパスコード」画面になるので、「パスコードをオフにする」をタップします。

「パスコードをオフにする」をタップ

「パスコードをオフにする」という画面になるので、パスコードを入力。

パスコードを入力

以上で、パスコードはオフになります。

パスコードがオフになると、「パスコードをオフにする」だった項目が「パスコードをオンにする」に変わっているはずです。

「パスコードをオフにする」が「パスコードをオンにする」に変わる

パスコードをオフにして再度アップデートにチャレンジ

パスコードをオフにしたら、いったんライトニングケーブルからiPhoneを外して、再度接続します。

先ほど同様にiOSのアップデートメッセージが出るので、「アップデート」ボタンをクリックしてアップデートします。

すると、4000エラーは起きずにアップデートはどんどんと進んでいきました。

iOSアップデート中

そして、無事に14.6へのアップデート完了!

iOSの最新版へのアップデート完了!

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

アップデートが完了したら

アップデートが無事に完了したら、オフにしたパスコードをオンに戻しておいた方がセキュリティ的にも良いと思います。

他にも改善法があるみたいです

というわけで、iTune経由でのiOSのアップデートで4000エラーが出てアップデートできなかったのはパスコードをオフにすることで改善しました。

ネットで調べてみると、4000エラーでアップデートができない場合の改善方法はこの方法以外にも

  • iTunesを最新版に更新する
  • PCの再起動
  • iPhoneの再起動

などの方法があるようです。

また、iOSの更新はiTunesを使わなくてもiPhone単体でできるので(設定アプリの「一般」⇒「ソフトウェア・アップデート」)、iPhone単体でアップデートするという手段もあります。

色んな方法の中でも、「パスコードをオフにする」という方法は簡単なので、とりあえずiOSのアップデートで4000エラーが出たときの初手としてやってみると良いかもしれません。

それでは、またー。

コメント