「Irfan View」を使って画像の向きを一括修正!

ツール

こんにちは、ゆんつです。

スマホやスキャナーなどからPCに取り込んだ画像の縦横が逆だったり、上下が逆だったりした場合。

上下が反転している画像

1枚や2枚くらいなら画像編集ソフトなどで画像を回転させて保存すればいいですが、向きが違う画像が大量にある場合。

1枚づつ直すのはとても大変です。

そのような場合、画像を閲覧するためのフリーソフト「Irfan View」を使うことで、たくさんの画像の向きを一括して修正することができます。

今日は

「Irfan View」を使った画像の向きの一括修正

について書きたいと思います。

Irfan Viewを使った画像の向きの一括修正

ここから先の説明は、Irfan Viewがインストールされていて、画像に関連付けがされていることを前提に進めていきます。

また、僕はIrfan Viewを日本語化しているので、メニューバーなどは日本語になっています。

オリジナルファイルを残しておきたい場合は要バックアップ!

作業前に大事なことをひとつ。

この作業を行うと、オリジナルのJPGファイルは修正後の画像に置き換わります。

ですので、オリジナルファイルを残しておきたい場合は、オリジナルファイルを別フォルダにコピーしてバックアップしておいてください。

画像の向きの一括修正

フォルダ内に上下が逆さになった画像が複数あります。

上下が逆になっている画像

上下が逆になっている画像

このフォルダ内の画像の上下を一括で逆にして、正しい向きに直したいと思います。

まず、どれでもいいのでフォルダ内の画像をダブルクリックして開き、メニューバーから「ファイル」⇒「サムネイル 」をクリック。

画像を開いて、メニューバーから「ファイル」⇒「サムネイル 」をクリック

すると、フォルダ内の画像がIrfan Viewでサムネイル表示されます。

Irfan Viewによるサムネイル表示

向きを変えたい画像を選択(すべて選択する場合はキーボードの「CTRL+A」で全選択できます)

向きを変えたい画像を選択

画像の選択が終わったら、メニューバーの「ファイル」⇒「JPEG可逆変換」⇒「選択したファイルで可逆回転」をクリック。

メニューバーの「ファイル」⇒「JPEG可逆変換」⇒「選択したファイルで可逆回転」をクリック

すると、「JPG-Lossless transformations」というダイアログが現れます。

JPG-Lossless transformations

このダイアログの中の「Vertical flip」~「Rotate clockwise 270 degree」で画像をどのように回転するかを指定します。

「Vertical flip」~「Rotate clockwise 270 degree」で画像の回転方法を指定

それぞれの選択肢の意味は以下の通りです。

Vertical flip上下反転
Horizontal flip左右反転
Rotate clockwise 90 degree時計回りに90度回転
Rotate clockwise 180 degree時計回りに180度回転
Rotate clockwise 270 degree時計回りに270度回転

今回は上下が逆になった画像を修正したいのでVertical flipにチェックを入れて「Start」ボタンをクリック。

回転の向きを指定してStartボタンをクリック

進捗状況を示すダイアログが表示され、画像の向きが次々と修正されています。

進捗状況を示すダイアログ

進捗状況を示すダイアログが消えると作業が完了です。

フォルダ内の画像を確認してみましょう。

フォルダ内の画像を確認してみると、サムネイルの上下が逆のままのものと、上下が直っているものが存在します。

画像の向きを変更したのにサムネイルでは画像の向きが変わっていない

試しにサムネイルの上下が逆の画像をクリックしてみると、画像の上下の向きは治っています。

サムネイルと実際の画像で画像の向きが違う

つまり画像の上下の向きは修正されているのに、サムネイルにそれが反映されていないということになります。

なぜ、サムネイルの画像の向きが修正前のままになっているのかというと、それは修正前の画像のサムネイルのキャッシュが残っているからです。

ですので、次にサムネイルの問題を修正します。

画像の向きの修正をサムネイルの画像にも反映する

検索窓にディスクと入力すると、「ディスククリーンアップ」が現れるはずなのでクリック。

検索窓にディスクと入力しディスククリーンアップをクリック

「ドライブの選択」ダイアログでシステムドライブ(OSがインストールされているドライブ。ほとんどの場合Cだと思います)を選択。

「ドライブの選択」ダイアログでシステムドライブを選択

ディスククリーンアップというダイアログが開き、この中に「削除するファイル」という項目があります。

ディスククリーンアップ

ここで、下の方にある「縮小表示」にだけチェック(他はチェックを外す)を入れて「OK」ボタンをクリック。

「縮小表示」にだけチェックを入れて「OK」ボタンをクリック

確認のダイアログが出るので「ファイルの削除」ボタンをクリック。

確認ダイアログで「ファイルの削除」ボタンをクリック

これで、フォルダ内の画像のサムネイルのキャッシュが削除されます。

ディスククリーンアップが完了したら、画像のフォルダを再読み込み(キーボードのF5を押す)すると、新たにサムネイルが作成されて修正後の画像のサムネイルが表示されるはずです。

縮小表示の削除により変更後の画像がサムネイルに反映される

ゆんつ
ゆんつ

やったぜ!

バックアップしてから作業しましょう

以上で画像の向きの修正は完了です。

画像の閲覧にIrfan viewを使っている方は、新たにソフトをインストールしなくても画像の向きを変更ができることが解っていただけたかと思います。

今回は上下の反転でしたが、同じような要領で大量の画像の左右反転や時計回りの回転もいとも簡単に行うことができます。

大事なことなので、もう一度言っておきますが、

オリジナルファイルが上書きされるので、オリジナルファイルを残しておきたい場合は別のフォルダにバックアップ!

することを忘れないようにしてください。

ゆんつ
ゆんつ

バックアップ大事!

何かの参考になれば幸いです。

それでは、またー。

コメント