シェアハウスに住んでいながら自分で買ったもの

シェアハウス

こんにちは、ゆんつです。

シェアハウスは洗濯機や冷蔵庫などの家電製品から食器、トイレットペーパーまで日常生活に必要なものが全てそろっているところが多いです。

だから入居したその日から特に自分では何も買わずに生活できたりします。

そんなシェアハウスで自分で買った日用品を書いていきます。

当たり前ですが、シェアハウスに元から備え付けられているのにも関わらず自分で買ったものです。

パンツとかシャツとか自分で買うのが当たり前のものは入っておりません。

スポンサーリンク

茶碗と皿とハシとコップ

「お前さっき食器が揃ってるって書いたじゃないか!このブタ野郎!」と怒られそうですが理由があるんです。

シェアハウスの食器は当然皆で使います。

僕は潔癖症じゃないのでそれで全然いいんです。ちゃんと洗えていれば。

キッチンで料理を作っていると当然いろんな人が来て料理したり洗い物をしたりします。

その時の洗い方をチラッとみると洗い方にはかなり個人差があり綺麗に洗う人もいれば、雑に洗う人もいます。

下手すると使ったハシやコップを洗剤もつけずに形だけスポンジでこすってジャーっと水で流すとか、スポンジも使わずに水をかけておしまいみたいな人もいます。

また食事をしている人をちらっと見ると癖なのか執拗に箸を舐める人もいます。

そういうのを見ると、さすがに潔癖症でない僕でも「直接口に触れるものは自分専用のものを買おう」と思ってしまいます。

まあ使う直前に一度洗うっていうやり方でもいいんでしょうが、おぞましい光景を何度が目にしたのでダイソーで自分専用の丼と皿とハシとコップを買いました。

自分専用のハシや茶碗を持っている人は多かったですよ。

バスマット

シャワーブースの脱衣所が濡れないために引くやつです。

これもハウス備え付けのマットが何枚かあるんですが、使ったらブースの外にある簡易物干しみたいなのに引っ掛けて次の人がまた使うみたいな感じだったんですよね。

遅い時間のシャワーになると全てのバスマットがビショビショで気持ち悪いし、何より「こんな事やってたら絶対に水虫になる」と思って入居してすぐにダイソーで自分用のバスマットを買いました。

電気ケトル

これも自分専用のを持ってる人が多かったです。

部屋でお茶とかコーヒーを飲むのにわざわざラウンジまでお湯入れに行くのは面倒くさいですからね。

各階に洗面所があるんですが、ケトルに水を入れにいくと、同じようにケトルに水を入れに来た人とよく遭遇してました。

→Amazonで電気ケトルの一覧を見る

遮光カーテン

入居して1年経過した頃に買いました。

この頃になると少数ながらも年代が近くそこそこ仲の良い人も出来て、たまに人の部屋にお呼ばれしてお酒を飲んだりすることもありました。

何人かの部屋をみると、みんな初期装備のカーテンとは違うカーテンを付けています。

理由を聞くと口々に「カーテン薄すぎ」。

僕は頼んで自分の部屋のカーテンの側に立ってもらい、電話で連絡を取りながらハウスの外に出て、カーテンの側で動いてもらうと、人型の黒い影がはっきりわかります。

カーテンから離れてもらうとあまり目立たないのですが側だとシルエットがモロです。

僕はカーテンのそばで着替えたりしてたので、一年くらい僕はカーテン越しにセクシーシーンを垂れ流していたわけです。

慌ててネットで厚目の透けない遮光カーテンを買いました。

初期装備のカーテンは退去時に元に戻さないといけないので大事に保管し退去の時にはちゃんと付け替えましたよ。

→Amazonで遮光カーテンの一覧を見る

振り返ってみて

改めて見ると「たったこれだけしか買わなかったんだなあ」と思いますね。

しかも、どれもいらないと言えばいらないものですからね。

体1つで入居してすぐ日常生活を送ることができるのがシェアハウスの最大の魅力だと思います。

「何もかも自分専用でなければ気が済まない!」という人以外は、シェアハウスはとても使い勝手がいいと思います。

何か思い出したらまた追記します。

それでは、またですー。

シェアハウス
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました