筋なしインゲンの肉巻きフライ

料理

こんにちは、ゆんつです。

先日行きつけの野菜市場で「すじなしインゲン」を見つけました。

そこで今日は大好きな「筋なしインゲンの肉巻きフライ」を作ろうと思います。

これは学生時代に母から直伝してもらった料理で、筋なしインゲンが安く売ってるときはよくやります。

たまに友達が飲みに来た時に出しますが割と評判のいい料理です。

ご飯やお弁当のおかずにも、おつまみにもなりますよ。

材料

すじなしインゲン 20本くらい

しゃぶしゃぶ用豚肉 150グラム

塩コショウ 適量

パン粉 適量

揚げ油 適量

バッター液

卵1個

小麦粉 大さじ3~4

氷水(又は水) 大さじ3

ソース

ケチャップ 大さじ1

ウスターソース 大さじ1

お酒 大さじ1

作りかた

1. インゲンは頭とお尻を少しだけ切り落とす

2. 長さが同じようなインゲンを3本か4本ずつ束にする

3. インゲンに豚肉を巻く

しゃぶしゃぶ用の豚肉を束にしたインゲンに斜めに巻いていきます。肉が1枚で足りない場合は、もう1枚使って頭からお尻までほぼ隠れるように巻き巻きします。

4. 肉を巻いたら全体に軽く塩コショウする

5. 全体に軽く小麦粉を振る

塩コショウを振り終わったら全体にうっすらと満遍なく小麦粉をふります。

この手順の写真は撮り忘れました(笑)

6. バッター液を作る

卵と小麦粉をボウルにいれて氷水を少しずつ足しながら混ぜていきます。ややゆるい位でOK。

7. バッター液に肉で巻いたインゲンを浸してパン粉をつける


8. 160℃から170℃くらいの温度で揚げる

油を中火で熱し、ひっくり返しながらまんべんなくキツネ色になるまで揚げます

9. お皿に盛りつける

揚ったインゲンの肉巻きを食べやすい適当な大きさに切って盛り付けます。

10. ソースを作る

ケチャップとウスターソースとお酒をフライパンで熱しながら混ぜます。


全体が沸騰して小さいあぶくがぷくぷくでてきたらソース完成。

僕の家ではハンバーグもこのソースです。

11. ソースをかけて完成

食べよう

いただきまーす。

サクッ

衣のサクサク感とインゲンのシャキシャキ感、それを巻いている豚肉の柔らかさにソースがマッチして箸が止まらなくなります。

インゲンのフレッシュさが肉と油を中和してくれて、とてもあっさりと食べることができます。

白いご飯との相性も抜群です。

ダイエット中なんだけどなあ。食うなっていう方が無理なんだよなあ。

できたてをガブっと噛むと中から熱されたインゲンの水分と熱い肉汁があふれ出てくることがあるので気をつけて下さい。

もし緑以外に色が欲しい場合はニンジン等の他の色の野菜を入れてみてもいいかもしれません。

僕が作る料理は見た目を全く考慮しないがさつな料理が多いんですが、これは切った時の断面の緑が結構綺麗に見えるので友達に出すと「ほぅ」って感じの反応になるので面白いです。

というわけで、インゲンの肉巻きフライでした。またねー。

コメント