ど素人の包丁研ぎ

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

僕は料理を良くするんですが最近包丁の切れ味が鈍くて困っています。

シャープナーという包丁を乗せて前後に動かして切れ味を回復させる器具は持っているんですが、これを使っても一時的に少し切れ味が回復するだけでまたすぐに切れ味が鈍ります。

僕が普段使っている包丁は10年以上前のものです。

大学時代に一人暮らしをするときに、ホームセンターで千円位で買ったものです。

古いし切れないので、いい加減新しい包丁を買おうかと思い色々と検索しているとこんなものがひっかかりました。

そう。砥石です。

もし砥石で研ぐことで切れ味がすごく良くなるのなら別に新しい包丁は必要ありません。

持ち手の部分が壊れるまで使えます。

ただ一つ問題は僕が砥石で包丁を研いだ経験が全くないということです。

でもネットで調べてみるとYouTubeで丁寧に研ぎ方を解説してくれる動画も見つかり自分でも研げそうな気がしてきました。

人生で一度くらいは自分の手で包丁を研いでみたいと思い、当初は包丁のセットを買う予定だったのを急遽変更して砥石を購入してみました。

今回は包丁研ぎについて書こうと思います。

砥石を選ぶ

砥石には砥石、砥石、仕上砥石があります。

荒砥石は刃こぼれしたときなどに使う砥石で刃を削る力が強い砥石です。

中砥石は一般的な砥石で普段使いの包丁の切れ味を戻すのに使います。

仕上砥石は仕上げの為に使う砥石で、中砥石で研いだ包丁をさらに細かく仕上げるために使う砥石です。

家庭で使うにはとりあえず中砥石があれば十分なようです。

なので僕は「刃の黒幕 中砥 #1000」という砥石を買いました。

両刃包丁の研ぎ方

僕が一番分かりやすかったのはこの動画です。

刃物で有名なメーカーの貝印が説明してくれるだけあって初心者が見ても非常にわかりやすいです。

【貝印】【砥石を使った包丁の研ぎ方(洋包丁・両刃編)】

動画の説明がそのまま画像とテキストになったものも貝印のサイトにあります。

こちらも凄く解りやすいです。

包丁を研ぐときの持ち方や角度、力の入れ方など初心者が知りたいことを凄く丁寧に過不足なく説明してくれます。

なので研ぎ方は動画かサイトを見て下さい。

片刃包丁の研ぎ方

これも貝印の動画が解りやすかったです。

【貝印】【砥石を使った包丁の研ぎ方(和包丁・片刃編)】

両刃包丁同様に動画が画像とテキストになったものも、もちろん貝印のサイトにあります。

研いだ後の切れ味

素人のいい加減な研ぎ方でも、研ぎ終わった後は余り力を入れなくても食材が切れるようになります。

レモン、スパーン!

切り口が綺麗

スポンジ、スパーン!

このように砥石で研ぐと切れ味が凄いことになるんです。

シャープナーでも切れ味は一時的に回復するんですが、砥石で研いだ程ではないです。

この切れ味が凄く気持ちいいです。

初めて研いだ時は今までより食材が切れすぎて逆に怖い位でした。

それまでいかに研げてない包丁で料理してたかってことですね。

今までよりも弱い力で食材がスパスパ切れるようになります。

包丁の錆も落としたい

僕の出刃包丁を見て下さい。

これはさっきの両刃包丁よりももっと古い30年以上前の包丁らしいです。

昔祖母が使っていて使わなくなったものを僕が貰ったものです。

これも砥石で研いだところ今までよりも魚をさばくときに身が崩れなくなって綺麗にさばける様になったんですが、包丁の胴体部分(「平」と言うようです)が長年のお手入れ不足によりところどころ錆びているんです。

この錆も綺麗に落としてみたいです。

調べてみるとコルク又は大根の切れ端にクレンザーを付けて磨くと包丁の錆を落とすことが出来るようです。

早速やってみます。

コルクなんてシャレたものは無いので大根の切れ端でやります。

刃と柄の部分が段差にならないように、刃の部分だけまな板にのせてまな板にぴったりくっつけます。

包丁を落として足を切らないように気を付けながらやります。

大根にクレンザーを付けてゴシゴシ磨きます。

ゴシゴシ

ゴシゴシ

両面を5分位磨いてみました。

その結果がこれです。

表面

Before

After

裏面

Before

After

完全に錆を落とすことは出来ませんでしたがちょっと錆が薄くなりましたね。

最初の状態よりは随分マシになりました。

大根は割と軟らかいので磨くときに力を入れすぎると身が崩れてきます。

なので大根よりも硬さがあるコルクの方がもっと綺麗に磨けるような気がしますね。

もしコルクが手に入るようなら試して追記したいと思います。

包丁研ぎは癖になる

切れない包丁を研いでスパッと切れるようになると、病みつきになってきます。

よく通販番組とかで包丁の切れ味を見せるために、新聞や広告をシャッと切るシーンがありますが、あれが自分でやれるようになります。

僕は家にある包丁を一通り研ぎ終えると、「もっと研がせて、もっと研がせて」と祖母の家の包丁にまで手を出して研いでしまいました。

そして砥石を購入するまでは新しい包丁が欲しかったのですが、砥石を購入してからは古い包丁を研いで使える限りずっと使う方がいいなという考えに変わりました。

とにかく柄の部分が壊れるまではこの包丁を使おうと思います。

まとめ

包丁の切れ味が良くなると料理していても楽しい気分になれます。

また包丁を研いであげると喜んでもらえます。

皆さんも包丁研いでみませんか?

僕と同じように素人の方が研ぐときは十分安全に気を付けて楽しんで研ぎましょう。

ちなみに砥石でお腹をいくらこすってもシャープにはなりません。

それでは、またねー。

コメント