一番しんどかった帰省の話

雑記

こんにちは、ゆんつです。

昨日から今日にかけてお盆を故郷で過ごすための帰省ラッシュが始まりましたね。

僕も首都圏に住んでいた時は毎年帰省ラッシュに巻き込まれながら実家に帰っていました。

新横浜から北九州の小倉まで新幹線の「のぞみ」に乗り約4時間半の旅をするのです。

今日は一番思い出に残っている帰省について書きます。

スポンサーリンク

思い出に残る帰省

僕は新幹線の座席の予約をするときは必ず2人掛けの窓際を予約するんですが、ある時に切符の予約が遅れたため2人掛けの席は埋まってしまい、3人掛けの真ん中という一番不自由な席しかありませんでした。

仕方がないのでその席の切符を買い帰省当日になりました。

僕はコンビニでサンドイッチとコーヒーを買って新幹線に乗り込みました。

指定された座席を見ると、窓際には既に東京から乗った人が座っていました。

僕は荷物を棚に乗せ3人掛けの真ん中に腰を降ろしました。

その後すぐに通路側の席にも人が座り、3人掛けはすべて埋まりました。

電車が新横浜を出ると僕はテーブルを出してサンドイッチをとコーヒーを乗せてご飯の準備に取り掛かりました。

すると隣からやけに酸っぱい匂いがします。

隣の人のテーブルの上をみると500mlのビールと折詰一杯にぎっちり詰まったバッテラが乗っていました。

僕が一番苦手な食べ物がバッテラです。

見るのも嫌なくらい嫌いなんです。

隣から絶え間なく酢の匂いと生魚っぽいにおいがプーンと漂ってきます。

もうサンドイッチどころではありません。

僕は匂いを嗅ぎたくないので窓とは逆の通路側に顔を向けました。

通路側の人もテーブルを出して食事の準備をしていました。

僕がチラッと見るとその人は竹の皮の包みを開いていました。

開いた木の皮の中を見るとバッテラです。

僕は数学は全然わかりませんが、新幹線の3人掛けの席の両隣がバッテラを食う確率というのは奇跡に近い確率だと思います。

その奇跡に遭遇してしまったのです。

僕はサンドイッチを食べることは諦め鼻をハンカチで覆い背もたれに体を預けて眠ることにしました。

でもハンカチで覆っていても時々鼻につく酢と鯖の匂いに全く眠ることが出来ません。

通路側の人は15分位で食べ終わりテーブルの上を片付けたので匂わなくなりましたが、問題は窓際です。

バッテラをちょこよこつまみながら酒を飲んでいていつまでたってもバッテラを食べ終わらないのです。

静岡を過ぎても、名古屋を過ぎてもバッテラは無くならず、結局その人は新大阪で下車したんですが全部食べ切れずに蓋をして持って降りてました。

新大阪駅を出発すると空席になった窓際に新たな乗客が座りました。

そしてテーブルを出して、その上にお茶と正方形の木目調の弁当箱を置きました。

蓋が開かれます。

バッテラです。

僕は数学は全然わかりませんが、新幹線の3人掛けの席の両隣がバッテラを食べ、その一人が降りて新しく乗ってきた人がまたバッテラを食うというのはもう学会とかで発表できるレベルの確率じゃないんでしょうか?

もう引きつり笑いしか出ませんでした。

日本人ってこんなにバッテラが好きでしたっけ?

僕は4時間半サンドイッチも食べずに、ずっと大嫌いなバッテラの匂いを嗅ぎながら故郷に帰ったのです。

小倉駅に着いた僕が一番最初にしたのは深呼吸でした。

とにかくバッテラの匂いを体から追い出したかったのです。

小倉駅の空気の美味しかったこと。

生き返ったような気持ちになりました。

今から10年以上前の帰省話です。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました