雑記

こんにちは、ゆんつです。

お盆になりましたね。

お盆と言えばお墓参り。

今日はお墓について書こうと思います。

スポンサーリンク

山の中にあるお墓

普通の墓地はきちんと整備された霊園にあると思います。

でも僕の父方の一族の墓は山の中にあります。

整備もほとんどされていない雑木林だらけの山の中です。

きちんと整備された道があるわけがなく、人ひとり分の幅のけもの道しかありません。

でも、これでも昔よりはマシです。

親戚同士で協力して年に2回人が歩けるように草刈りをするようになったからです。

今から20年以上前は山の手入れをする人がおらず叔父がナタを持ってうっそうと茂った草木を薙ぎ払いながら進んでいたのです。

腰からナタをぶらさげて墓参りに行く叔父の格好を見て「冒険に行く」と思う人はいても「墓参りに行く」と思った人はいなかったと思います。

赤土の急斜面を滑らないように登っていきます。

数年前祖母が足を滑らせて転落しそうになり、墓参りにきたのに、あやうくお墓に入りそうになったこともあります。

そんな道を20分進むとようやく墓に着きます。

正直僕のご先祖様がなんでこんなところに墓を作ったのかさっぱりわかりません。

水道もないので、掃除用の水を何リットルも担いで登らないといけないのです。

墓の周りの草刈りと掃除をして、手を合わせる時には全員汗びっしょりで肌が露出している場所はヤブ蚊にさされまくりです。

お墓を普通の場所に移動させるという話が数年前からあるようですが、他の親族との兼ね合いもあってなかなか難しいようです。

こんな墓なので、今では年寄りは怪我防止のために参らせないことになりました。

墓参りのために怪我をしたり死んだりしては本末転倒ですから。

僕の理想

僕は30年以上こんなアドベンチャーな墓に毎年盆と正月に参ってきました。

そしてつくづく思うのは「お墓はいらないな」ということです。

先祖を大切に思う気持ちがあれば、お墓と言うものにこだわる必要はないんじゃないかと思います。

僕は家族に言っていることがあります。

「もし、僕が死んだら葬式はしなくていいから一晩中僕の思い出話をしながらどんちゃん騒ぎで楽しく盛り上がって欲しい。焼くのも火葬場じゃなくて焼き芋みたいに落ち葉で焼くとか、キャンプファイヤーに放りこむとかで良い。墓もいらない。骨はアクセサリーにして必ず1人1個は身に着けてほしい」

これを聞いた家族は「頼むから一番最後に死んでくれ」と言ってました。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました