ブルーチップ使ってみた

やってみた

こんにちは、ゆんつです。

この前母がこんなものを持っていました。

ブルーチップです。

祖母の家の掃除をしていたら引き出しの奥の方から出てきたそうです。

僕は知らなかったのですが、祖母はかなり昔にブルーチップを集めていたそうです。

ただし随分前に集めるのは止めていてブルーチップの存在をすっかり忘れていたそうです。

母は持って帰っては来たもののよく使い方がわからないらしく、「もし使えるなら使って」と言っいブルーチップの台紙を僕に渡してきました。

僕も交換の仕組みはよく解らないんですが、取りあえずブルーチップのホームページを調べて使えそうなら使ってみようと思います。

スポンサーリンク

ブルーチップとは

ブルーチップはブルーチップ加盟店で買い物をした時にもらえるスタンプで、それを台紙に貼り付けて何冊か貯まると好きな商品に交換できます。

ブルーチップには有効期限はなく、ずっと使えるようです。

なので今回のブルーチップも使えるはずです。

ブルーチップは台紙1冊につき500枚貼ることができます。

台紙に500枚貼ったものを1冊で1ブックと言うようです。

今回祖母の家から見つかったのは2冊なので2ブックですね。

ところでブックの表紙のリス?が妙に色っぽく感じるのは僕だけでしょうか?

腰のひねりなんて特にグッと来るものがあります。

使ってみよう

ブルーチップのホームぺージでブック2冊でどんな商品がもらえるか検索してみます

ブルーチップ カタログサイト

ブックの所に冊数を入れて

「おすすめを表示」をクリック

2冊だと交換できるものはこんなもんですね。

ちなみにカタログを見てみましたがほとんどの商品はブックが10冊以上必要です。

この中で一番使い勝手が良さそうなのはインターネット申し込み限定のamazonギフト500円分です。

なのでこれに決定します。

引換方法

amazonギフトは画像に書かれていたようにネット申し込み限定です。

この場合の交換の手順を調べてみると

「会員登録→商品選択→申込書印刷→申込書とともに台紙の郵送」という手順になるようです。

やってみましょう。

1. 会員登録


住所、氏名、年齢、メールアドレスなどを入力して登録します。

2. 商品選択

会員登録完了後、ログインしてamazonギフトを選択して進んでいきます。

一通りの入力を完了して進むと確認画面が出るので交換内容を確認。

最終ページまで進むと申込書のPDFがダウンロードできるので開いて印刷します。


僕の場合はこれまで入力した情報を基に必要な部分はすでに申込書に記入されていましたが、場合によっては備考欄に記入する必要があるようです。

3. 申込書とともに台紙を郵送する。

郵送先は先ほど印刷した申込書に書かれています。

普通郵便ではなく特定記録郵便や簡易書留などの配達記録に残る方法で送るようです。

ちょっとまてよ。

郵便代金が特定記録郵便を使うと252円。

500円引く252円は248円の得か・・・

いや郵便代のほかに紙、封筒、インク、作業時間・・・

ブルーチップがもっとたくさんあれば良かったけど、amazonギフト500円分じゃ完全に割に合わない気が・・・

でもここまで来たらやりましょう。

ブルーチップを家に置いていても持ち腐れですしね。

郵送します。

さてさてどうなることやら。

結果

郵送して約1週間。

amazonギフトのコード番号が書かれたメールが無事届きました。

送られたコードを入力すると

当然ですがちゃんと使えました。

最近買い物時にブルーチップを配布するお店は僕の近所では全く見かけなくなりました。

でも今回ブルーチップの使い方を調べていると、今ではスタンプだけでなくポイントカード方式もあるようで、相変わらずブルーチップがお買い物の現場で活用されているということが解りました。

これが僕の人生で最初で最後のブルーチップの交換かと思っていたんですが、つい最近祖母が「よく考えたらもっとブルーチップが有った気がするけど、どこに仕舞ったか思い出せない」と言い始めました。

ひょっとするとまたこの知識を生かせる日が来るかもしれません。

それでは、またですー。

やってみた
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました