ランデブー

雑記

こんにちは、ゆんつです。

僕は肥満防止のために毎朝歩いたり走ったりしています。

コースの折り返し地点には公園があって、そこで軽い体操をするのも日課になっています。

今日体操をしていたら僕の耳の近くで「ブンブン」という羽音がします。

振り向くと僕の斜め後方を1匹のコバエが飛んでいます。

周りを注意深く見てもハエがたかるようなものは何も落ちていません。

おそらくこのハエは僕のことをうんこだと勘違いして僕のそばを飛んでいるようです。

気にしても仕方ないので、僕はコバエを無視して体操を続けました。

コバエは僕の手が届かないギリギリのあたりをブンブンと飛び続けます。

体操も終わり僕は家に向かって歩き始めました。

するとさっきのコバエがずっと付いてきているようで、斜め後ろで「ブンブン」という羽音がしています。

振り返って音の方をみると、コバエはまるで僕を見つめるように斜め後ろをホバリングしていました。

流石に鬱陶しく感じたので手で追い払おうかとも思ったのですが、家まで約2キロあるのでどうせ何処かでいなくなると思って放っておきました。

ところが1キロ過ぎてもそのコバエはずっと付いてきます。

しかもこのコバエは僕より前には出ずにかならず僕の3歩後ろくらいを飛んでいるのです。

決して僕の前には出ない、まるで良くできた女房のようなコバエなのです。

家まで後500メートルを切ってもこのコバエは僕の3歩後ろをついてきます。

最初は鬱陶しく感じていたコバエでしたが、ずっと一緒に歩いているうちに愛情が沸いてきました。

僕は羽音が聞こえなくなると後ろを振り返ってコバエがちゃんとついてきているかを確認するようになっていました。

なんとなく僕の嫁さんのような気すらしてきました。

近づきはするが決して僕より前に出ないその姿勢に好感を持ったのです。

そこからも僕とコバエのランデブーは続きいよいよ家まで後100メートルになりました。

彼女(雄雌はわかりませんが僕の中では雌ということになりました)はまだ付いてきます。

しかも常に3歩後ろをついてきた彼女との距離はもっと近くなり手を伸ばせばギリギリ捕まえられそうな感じです。

僕は迷わず手を伸ばし思いっきりパーンと両手で叩きました。

手を開いてみると嫁さんがペチャンコになっていました。

愛情は沸きましたがそれはそれ。

これはこれです。

うんこにたかるような虫を生きたまま家まで連れて帰るわけにはいきません。

僕は清々しい気持ちで家に帰り手を入念に洗いました。

それでは、またですー。

雑記
ゆんつをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんぷれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました