えっ!これって方言なの?と思ったこと

雑記

こんにちは、ゆんつです、

僕は中国地方、九州地方で学生時代を過ごし、関東で就職しました。

関東で働き出して周りの人に言われたことは「方言が出ない」ということです。

特に自分で方言を出さないように意識して喋ってたわけでは無いのですが、出身地を言うと必ず「全然方言が出ないね」と言われていました。

そんな「方言が出ない」と言われていた僕でも、ついぽっと出た言葉で「えっ?」と意味を聞かれた方言があります。

たう・たわん

「たう」と「たわん」。

この言葉の意味が解りますか?

僕は就職するまで「たう」と「たわん」は全国的に使われている言葉だと思っていました。

ある時に東京生まれ東京育ちの先輩からロッカーの上に置かれていた荷物を取ってくるように言われました。

僕は身長が低いので恐らくロッカーの上の荷物を取ることが出来ません。

なので先輩に「僕じゃ手がたわないと思いますよ。」と言いました。

先輩は「手がたわないって?」と言いながらきょとんとした顔をしていました。

言葉の意味を理解してくれて僕の代わりに取りに行ってくれたのは広島出身の同僚でした。

「たう」というのは「届く」という意味です。

「たわん」というのは「届かない」と言う意味です。

「手がたわないと思う」というのは、「手が届かないと思う」という意味なのです。

ただここで間違ってほしくないのは「手紙が届く」とか「願いが届く」というのは「手紙がたう」とか「願いがたう」とは言わないのです。

「たう」「たわない」というのは手足や棒、ボールなどが目的の物に届くときにつかうのです。

僕は「たう」「たわん」が全国的な言葉ではないと知ってから、飲み会などで出会う様々な人にこの言葉の意味がわかるか聞きまくりました。

あくまでも僕の周辺だけの調査ですが中国地方と九州の上側にある県(福岡、大分、佐賀)までは通じ、これ以外の地域では通じなくなる感じでした。

僕は「たう」「たわん」が関東で通じないと解ってからも「届く」「届かない」ではなく「たう」「たわん」をあえて使っていました。

この言葉を全国区にしたかったからです。

だけど僕に影響力なんてないので全然広まりませんでした。

ただ僕の机の両隣の関東育ちの2人は、僕が嫌と言う程「たう」「たわん」と言い続けた結果、日常的に「たう」「たわん」を使うようになりました。

この2人が「たう」「たわん」を今でも関東で広めてくれていると信じています。

もし関東の人がこの記事を読んでいたら是非「たう」「たわん」使ってください。

「たうたわん友の会」の会長からのお願いです。

それでは、またですー。

コメント